【Ffh2風】やる夫は無茶振り王国の研究者のようです77【R-18】【技術開発】

レス数:940 / サイズ:995.81 KB / 最終更新日:2021-03-07 02:40:09

1  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2021/02/21(Sun) 16:10:52 ID:655fb9cb
     ;:;:;                                 ど
     ;:;:            ,r'" ´ ̄ `ヾ、.          明.  う
     ;:;:.           . I ─  ─ .ヾト、       る   だ
     :;:;:;.             ハ (●) (●)  !.::\.      く.  お
     ;:;:;:           /.:.ヽ (_人_)  yイ.::.:::ヽ     .な
     ;:;:.         ノ.:!:.:.:.:`7ゞ-<.:〉.:.:. ::i:.:::}   ろ つ
     从 __  _,,,/.:.:/:.:.:.:.:.:| }-{/i.:/.:.:.:. ::|.:/     う .た
      从从魔力}と_」.:/!.:.:.:.:.:.:.!  ̄ リ.:.:.:.:.::り.    ?
         ̄ ̄    ̄  |.:.:.:.:.:./_ :__ヽ.:.:.:.:\
                \/.:.::..:.:.:.:.:.:..:\:.::./
                /.:.:.:.:.:.:.「^Y.:.:.:.:.:.:|´
                 {.:.:.:.:.:.:.:.| ,!.:.:.:.:.:.:|
     __           \.:.:.:.:.:.V.:.:.:.:.:.:.:| 
    /.:.:./ンく";;〕      \.:.:.::|.:.:.:.:.:.:.:!
    ヽ;::/::::::....;;;ヽ、       > 'ゝ─‐イ、
     ヾ;;;;;;;;:::...;;;;〈       `ー' ``''ー‐'
      ‘ー.く`ヽイュ、
         ソ´・ ̄ス_      お  暗 :::::::::::::::::::::
        ./ ・ ・、√: : : ヽ.  ら. 靴  く :::::::::::::::::::::::
         >.= イ: : : : : ;_;|   な. が  て ::::::::::::::::::::::
      /l_"/( ヽ}: : : : .]   い わ   :::::::::::::::::::::::::
      `ー――` \ : : : イ  わ か :::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

・このスレは【魔法有り】のファンタジー世界に生きる【科学者、やる夫】が王様の無茶な注文に必死に応えるスレです。
・参加して頂ける方は【王様の無茶振り】を満たす【科学技術】のアイデアを提供してやる夫君を助けてあげてください


ウィキ: ttp://www61.atwiki.jp/muchaking/

過去スレ
【Ffh2風】やる夫は無茶振り王国の研究者のようです【技術開発】
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15257/1391541053/

【Ffh2風】やる夫は無茶振り王国の研究者のようです76【R-18】【技術開発】
ttp://bbs.yaruyomi.com/test/read.cgi/ban/1613043099/

2  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2021/02/21(Sun) 16:12:30 ID:655fb9cb
                      __
  , -‐- 、.               `ヽ, `ヽ
 ,'. /  ト、 ヽ.     、 ノ 、     ,.' -─-ヽ.
i. ((从ソ u从〉 G / (● ●)ヽ  <i !レハハハ))>
l. (|┳ ┳i!l   、ヽ(_人_)*ノ    ル(リ_゚ -゚ノ!
ハNiヘ  ー ノハ!  ∨ ‘ー’ .○      / /wk|O―☆
   {iつ旦O    |      |  .    / / !_i_〉l
  とくュュュュ〉    .し    J     く_/_,ルノノ
王様       科学担当       魔法担当

アイデア例)
王様「食べ物が無い。魔法でかき氷を作ってしのいでいるけどこのままじゃじり貧だ。なんとかして食べ物を作ってくれ(ちなみに文明レベルは狩猟採集未満)」
やる夫「獣を狩る武器すら無いし、食べられる植物だってほとんど見当たらないのにどうしろって言うんだお!」
参加者「稲作やろうぜ!」

【解説】
やる夫は技術開発における国の最高責任者です。
参加者はやる夫の部下として意見を出していく形になります。

【勝利条件】:【邪神を倒せ!】もしくは【星海の果てへの移民を成功させよ!】
邪神を倒し、ゲーム本編は無事完結しました!ありがとうございます!
ですがやる夫たちの研究はまだまだ続きます。

【現状】
管理局編がスタートしました!
危険技術やスパイラルネメシスなどの世界の危機にうまく対処して、多元宇宙の平和を守ってください!

お世話になったスレ。この場を借りて御礼申し上げます。

・戦略・経営・外交シミュ系安価スレッドを考えたいスレ39
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/14796/1391441453/
構想段階での相談や、テストプレイ、AAの支援など、多くのご協力を頂いています。いつもありがとうございます!

【派閥】シンジが瀕死の祖国を救おうと必死なようです17【R-15】
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15257/1390440019/
偉大な先人。
無茶振り王国は元々瀕死の祖国スレの「電波研究」部分を自分なりにスレ化してみたいなというのが原点になっています。
楽しいスレを立ててくれてありがとうございます!

3  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2021/02/21(Sun) 16:20:37 ID:354fd40d
すれ立ておつ。

4  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2021/02/21(Sun) 17:00:15 ID:2eef20ea
立て乙~

5  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2021/02/21(Sun) 19:02:55 ID:66afc545
建て乙!

6  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2021/02/21(Sun) 22:21:52 ID:655fb9cb
『乙ありー』

『こんばんは!』

安価↓1 見たい描写
・TS
・民間研究(概念の動作原理を星辰光分類で考察してみた)
・戦略調整センター(星辰光的な兵科分類を行ってみた)
・戦略調整センター(砲兵とか歩兵とか空軍とかと異能理論の統合)
・戦略調整センター(覇道指揮・富国兵站・警戒斥候・火力砲兵・防護歩兵・衝撃騎兵で国のステ表現)
・色
・科学
・諜報
・諜報:【蜘蛛世界技術】紹介
・諜報:【インフィニット・デンドログラム技術】紹介
・外交:済み
・外交:マフィア技術紹介
・道徳基盤
・アヴェスター

7  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2021/02/21(Sun) 22:35:29 ID:2eef20ea
・諜報:【インフィニット・デンドログラム技術】紹介

8  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2021/02/21(Sun) 22:35:45 ID:2eef20ea
無茶王様、こんばんわー

9  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2021/02/21(Sun) 22:49:50 ID:655fb9cb
『こんばんはー!』

10  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2021/02/21(Sun) 22:55:31 ID:2eef20ea
そういえば最近、「回復術師のやり直し」って(エロい)アニメを見てるんですが、
この世界の癒しの勇者の『ヒール』がどう見てもステータスマジックな件。

・ヒールを使うとその人の記憶や受けた痛みなどを読み取ってしまう(←地脈の読み取りみたいな感じかも)
・ヒールを使う際に、記憶を読み取るだけでなくその人の経験やスキルを自分にコピーできる。
・ヒールで自分や他人の姿形を別人のモノに変えることができる。
・魔王のドロップ品である賢者の石を使って『ヒール』を使う事で、現在の世界に過去の世界のデータを上書きすることで、まるで時間が戻ったかのように世界を書き換える。

世界を自由に書き換えるというよりは、データをコピペしている感じなので、ステータスマジックというよりはステータス相似大系と言った方がいいのかもしれないですが。

11  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2021/02/21(Sun) 22:56:12 ID:655fb9cb
『うーん、ひどいw』

『こんな感じで良いかな?』 

ttp://bbs.yaruyomi.com/test/read.cgi/ban/1613043099/719
ttp://bbs.yaruyomi.com/test/read.cgi/ban/1613043099/803
ttp://bbs.yaruyomi.com/test/read.cgi/ban/1613043099/818
ttp://bbs.yaruyomi.com/test/read.cgi/ban/1613043099/843
ttp://bbs.yaruyomi.com/test/read.cgi/ban/1613043099/868
ttp://bbs.yaruyomi.com/test/read.cgi/ban/1613043099/956
ttp://bbs.yaruyomi.com/test/read.cgi/ban/1613043099/957
ttp://bbs.yaruyomi.com/test/read.cgi/ban/1613043099/967
ttp://bbs.yaruyomi.com/test/read.cgi/ban/1613043099/968
ttp://bbs.yaruyomi.com/test/read.cgi/ban/1613043099/986
ttp://bbs.yaruyomi.com/test/read.cgi/ban/1613043099/987
ttp://bbs.yaruyomi.com/test/read.cgi/ban/1613043099/989
ttp://bbs.yaruyomi.com/test/read.cgi/ban/1613043099/990
ttp://bbs.yaruyomi.com/test/read.cgi/ban/1613043099/991
ttp://bbs.yaruyomi.com/test/read.cgi/ban/1613043099/992
ttp://bbs.yaruyomi.com/test/read.cgi/ban/1613043099/994
ttp://bbs.yaruyomi.com/test/read.cgi/ban/1613043099/995
ttp://bbs.yaruyomi.com/test/read.cgi/ban/1613043099/997
ttp://bbs.yaruyomi.com/test/read.cgi/ban/1613043099/998
ttp://bbs.yaruyomi.com/test/read.cgi/ban/1613043099/999

12  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2021/02/21(Sun) 22:56:59 ID:655fb9cb
>>10
『だねえ・・・』

『控え目に言ってもコピー能力とかやってるし』

13  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2021/02/21(Sun) 23:00:36 ID:2eef20ea
いいと思います!

14  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2021/02/21(Sun) 23:01:12 ID:655fb9cb
>>10
『ちなみにステマ自体は相似大系の応用なんで』

『結局一番近いのは相似大系になるかな?>「ヒール」と名の付いた得体のしれない魔法』



・ステータスマジック:唯我論者の塵理論と相似魔法の組み合わせ
 「ノイズの海から都合の良い情報を拾い上げている」という唯我論者の塵理論に基づいて、
 実物の情報と(コンピュータ内の)データ上の情報を「ノイズの海から拾い上げた同じ情報」と認識し、相似魔法によって実物にデータを相似させる。
 唯我論者は仮想現実と「現実世界」に差は無いと考えているので、相似魔法が使えると思われる。
 これにより対象の情報をデータに落とし込んで詳細を把握するなろうファンタジーじみた鑑定が可能になる。
 さらにデータ上の情報を改竄してそれに現実を相似させて現実を改竄できる。

15  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2021/02/21(Sun) 23:01:24 ID:655fb9cb
>>13
『ありがとう!』

16  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2021/02/21(Sun) 23:04:39 ID:2eef20ea
なるほど>一番近いのは相似大系

ステータスやら記憶やらさえ見えれば、だいたい相似大系で行けるのか。

17  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2021/02/21(Sun) 23:05:22 ID:655fb9cb
               _,,,,,,,,,,,,,, _
             -f r‐ ''''''' ‐- `   ._
           ´  l l- 、         ` ` 、
.         /    ,.イ!.◯ }          ヽヽ
        /   ,. ィ ,.'''''ヽ ニヽ. . _       i.!
.       { ,.イ//,{ { ,.: : ̄/: : : : ヽ-―-、 r‐リ
.         〉/////ヽ/: : :./: ; : : : : ; :.}: : : : : `ヽノ
         ∨///:': : :.:/: /: : :,:ィ: : : : : : : : : : :.ヽ
        ,〉' ./:.lハ: :/:/l:./ヽノ:,:イ: : :.ハ : : : : : :',
      // ./!: : :∨ ' ,'--、 '" ノ: : /-i: :,: :.ハ:.ソ
.       /:.:/  ./l:.i: : :{ /f;.心`  /:,:ィ-、ノ:/: :/.jノ
     ,:,:./  / !:.l: : :l   込ソ     f心 }' : ;.イ. '
      l/,'  /:`l:.:l: : :ヽ.      ;. Vソ  ': : :!
.      { /:,l: :l: : : l``   r‐-  _    ハ: : |
       V:{ ヽ!_Vヽ: :l丶  l:::::::::;:'   イ: : ;リ
       _,....ノ_ ̄ ヽ ̄> `ー _ イ/!: :.:/
    /    `"- ニノ- ',_/ ̄、 丶' j:/
    ,       :.       }////>,、
    !       ::      ー!/! ヽ/ \
.    l       ::..      l/,ト、lヽヽ ヽ
   l        ::::..    r.!ニ! ∨ Vi.  ',
    ! ,.-――- 、_  ,.- '"-、|`   Vヽ {
.   レ'"  ̄ ̄` ┬- _ 入_ノl      '  ',
    l.|ヘ.-――- .l::::::::::::"''―':..      ',{ }.',
    |.!|  ̄ ̄ ̄ト' ::::::::::::::::::::    ::.....∟._i
    !.!l       l            ::::::;:' !
.   l l.l     .!               { ̄l

なお、ノーライフライフの回復魔法も、

本気できっちりやろうとすると身体情報の読み込みで頭がパンクして廃人化したり、

その辺自動化してステマで身体を回復させる感じになるので

むしろ頭パンクさせながらステマしている「ヒール」はある意味正道とも言える。

祈りを捧げるだけで傷が治ったり腕が生えてきたり人が生き返ったりするほうがおかしいのだ。

・・・その辺の情報処理を神に委託するのが神聖魔法ということだろうか?

あるいは、リゼ・ベイバロンのような生命属性魔術の方がおかしいというべきだろうか?

18  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2021/02/21(Sun) 23:06:24 ID:655fb9cb
>>16
『そうなるね』

『むしろ相似大系でできないことのが少ないくらい。』

19  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2021/02/21(Sun) 23:11:26 ID:141e2635
例えばD&Dだと正のエネルギー界っていう正のエネルギーに満ちた世界から
召喚術で正のエネルギーを対象に呼び出してるから通常の生命は肉体が回復するらしい
なお、普通の生命が正のエネルギー界に行ったら正のエネルギーが入り込みすぎて爆発する模様

アンデッドはほぼ同じ理屈で負のエネルギー界から召喚された負のエネルギーで回復する

20  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2021/02/21(Sun) 23:15:12 ID:655fb9cb
  /        ヽ      /
  ,          i     i
 ,           |   _≦|
 |            |从州州..|
 |            |州州州..|
 |            |州从从..|
ー'            ,州州从从
≦、         /从州州\ム
./ヽ        /从从州从X^\
从州 、     /从州从マ从从  iハ――フ/
州州州マ不不マ从从州', \`ヽ从_ ' |/ }∧州
レ从州州ー=l"マ州州i!从 `/ _-≦三=- Y||
从州从州从从 \\州',ゝ´ _彡T::::::::::レ/ 州
.州州州从从从  .\不ム ""  レ-<   州
从州州从从',\ ̄こ  !  \        从|
州|ハ州从从 、彡:::::} '           ノ /
州| .州州从从ヽ-<|             ,7
从|  マ从州州不\ ヽ        /   /
..从  マ州从不从 `     - = ´
 从  .マ从 / V Ν    <__ ´       ,
  从  .マ从     、              /
  从   从     \          /
    \          、        / <ニ
                > へ ´ <ニニニ

『さて、インフィニットデンドロムは結局のところ「無限」への到達が目的となった世界だ』

『創造神も簒奪者も、多少の違いはあれども「無限」を目指していることには変わりない』

『まずはその大枠から行こう』

○ジョブ:ジョブには下級職、上級職、超級職(スペリオルジョブ)の3つがあり、そのはるか上に無限職(インフィニットジョブ)があるらしい。
何の職にも就かなければレベルは0のまま上がることは無い。
下級職はレベル上限50で6個まで、上級職はレベル上限100を2個まで、合計500レベルまでは誰でも努力すればレベルを上げられる。
なお、上級職に就くには一定以上の条件が必要なので難易度が高いが、主人公のように無職からいきなり上級職に就くこともできる。
超級職はレベル上限も取得数制限も無い代わりに、特殊な条件を満たした者の中から先着1人だけ取得でき、その人物が生きている限り他の者がジョブにつくことはできない(マスターが超級職についているなら事実上不可能)
無限職のなり方については一切不明。


○<エンブリオ>:異世界からやってきた管理AI(無限エンブリオ)とそのマスターが持ち込んだものらしい。
マスターの性格や経験によって進化し、一つとして同じエンブリオは無いと言われている。

・手の甲に埋め込まれた卵の形をした第0形態(共通)
・<下級エンブリオ>と呼ばれる第1~第3形態
・<上級エンブリオ>と呼ばれる第4~第6形態
・<超級(スペリオル)エンブリオ>と呼ばれる第7形態
が存在する。
なお、<超級(スペリオル)エンブリオ>を持つマスターは、ジョブに関係なく<超級>と呼ばれる(無職でレベル0の超級も居る)
<超級エンブリオ>もいつかは<無限(インフィニット)エンブリオ>に進化するのかもしれないが、進化の詳細は不明。

○<エンブリオ>のカテゴリー
エンブリオはいくつかのカテゴリーに分類される。
基本は5種類、レアなものが三種類。下級のうちはこのいずれかに分類される
上級、超級のエンブリオに進化した場合は派生したカテゴリーや複数のカテゴリの混合型になったりする。
エンブリオはマスターの記憶や人格を基に進化するため、マスターの性格によって、ある程度エンブリオがどのカテゴリーになるか決まってくる。
 

21  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2021/02/21(Sun) 23:21:55 ID:655fb9cb
>>19
『なるほど・・・それはむしろ生物やアンデッドが特別な気もするw』

『機械で言えば電気をばんばん食わせれば自己修復するって言ってるのと同じなわけでw』

22  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2021/02/21(Sun) 23:24:09 ID:141e2635
誰だってそー思う、俺だってそー思う
正負のエネルギーが白黒のマナだとしても流し込んだだけで治るのはおかしい

23  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2021/02/21(Sun) 23:26:53 ID:141e2635
生体電流に波長を合わせた電流を流すと傷の直りが早くなるし、
逆の波長を流すと傷口が開いていくとか、そういう理屈なのかもしれんけど
正の生命と負の生命の違いは波長が逆なだけとか

24  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2021/02/21(Sun) 23:31:36 ID:655fb9cb
>>22
>>23

『おかしいけど、まあ観測結果がそうなら、それを信じるしかなかろうねw』

『DD世界はどうも、魔力でできた精霊っぽい連中のようだしw』

25  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2021/02/21(Sun) 23:38:37 ID:655fb9cb
                          -━━==ミ
                        / 〈[_∧_]〉 \_______           _
               /7ニ二二>‐─<二ニ==ー冖==ニ二 ______>──<二二ウ| l\
    ト、    ト、  /| l   Υ: : : : : : /  }ト、 ヽY  ノ{ト个ー‐‐‐ァ' : : : : : : : l|    | |  \
  ト 〈ハ.  j,ハ/   |    | : : : : : : |l  圦_>j{<_ノ_〉| |  │: : : : : : : : l|    | |    >
、 {ヘ 〈ハ   レ'{    | |    | : : : : : : |l  / ト}`(ハ ´〈イ^ | |   │: : : : : : : : :|    | |   /  \
ヘ. マヘ 〈ハ´ レ'{_   |_| __人________,ノ__/ /〈ト{YYYケlノ/| |_____乂_________人_>、__〈 ̄〉//     \
〈ヘ. マヘ/〈ハ レ|}_>ク/:::\o\____// /| |\Υ//|  | |\ \__/o/:::::::::::| |::く\
 〈ヘ マヘ 〈ハ_,レ|}:: //::::::::::::ヽ 〉____/ _人/\二/| [/| |:::: \____〉 /:::::::::::::::〈 o〉∧ \
  〈>(∨∨-}ノ-}〈〈<>、:::::::| |::::::::::/ / /\| 〕〔 |/::::: | 「\:::::::::::::: / /::::::::::::::::::/ /:/::∧
    く_}レ┴冖冖x_〉〉/ /::: ∠/::::::::/ //⌒¨¨ \/¨¨⌒ | ∨、\::::::::::\〉 ::::::::::: / /::::::/::∧
    [__,,{__,,}/ {_{{ン二二二二〈 |'⌒¨¨¨¨ヽ{ }/¨⌒∧ ∨\二二二二二Ζ∠二\/::∧
    ∨ \}___ノ|く_ノ::::::://::::∧l|'⌒¨¨¨¨ヽ| |/¨¨⌒∧ l|::::::::\\::::::::::::::::::::::::〔 \二二〉
     7:::マ〈 ̄ | h::/::::::::: /| l|'⌒¨¨¨¨ヽ| |/¨¨⌒ヽ| l|::::::::::: |\::::::::::::::::::::::::〔\   ∨
     / ::: |\丶 | | h ::::::::イ ::: | l|'⌒¨¨¨¨ヽ{ }/¨¨⌒ヽ| l|::::::::::: |::::::\::::::::::: \::〔 \____〉
.    /:::::::::| ∧ / /:::::|::∨::::| :::: | l| (⌒¨¨¨¨{ }¨¨¨¨⌒)│l|::::::::::: |::::::::::: >─==ミ〔\______〉
   /:::::::::: | |:::/ /:::::丿: ∨人 :: | l|_> . : .:∨ : : . <_ノ| j| ::::: x┴rn<::::::::::::::::::: `二ニ=ミ
.  / ::::::::::: | [/ / ::::::::::::: ノ::::::::::: | l|\   . : .:´ `: : . : . /| j|::/`>─┴()\:::::::::::::::::::::::::::::::::\

○ジョブ:ジョブには下級職、上級職、超級職(スペリオルジョブ)の3つがあり、そのはるか上に無限職(インフィニットジョブ)があるらしい。
何の職にも就かなければレベルは0のまま上がることは無い。
下級職はレベル上限50で6個まで、上級職はレベル上限100を2個まで、合計500レベルまでは誰でも努力すればレベルを上げられる。
なお、上級職に就くには一定以上の条件が必要なので難易度が高いが、主人公のように無職からいきなり上級職に就くこともできる。
超級職はレベル上限も取得数制限も無い代わりに、特殊な条件を満たした者の中から先着1人だけ取得でき、その人物が生きている限り他の者がジョブにつくことはできない(マスターが超級職についているなら事実上不可能)
無限職のなり方については一切不明。

『どうも、インフィニットデンドロムのジョブは無制限に取れるわけではなく』

『(通常)下級職6個まで、上級職は二個までという制限があるらしいね』

『まあゲーム的な世界観とすれば珍しい話じゃない』

『アインズ様にも、合計レベル制限と言う形で取得できるジョブ・ランク数に制限がかかってるわけでね』

『モンスターがあふれる世界のジョブ・スキルシステムも、確か似たような制限があった』

『蜘蛛世界はどうだったかな?』

26  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2021/02/21(Sun) 23:43:38 ID:655fb9cb
         ィ(_,,...-=ニニニニニニ=-
       /ニニニニ> '^´  ̄ ̄`^¬ニ≧ァ
       /ニニニニ/   ,:      :  \;ゝ
     /ニニニニ/ '   〃     }!   ヾ
      ニニニニ/  ′ 从     ⅱ   :. :.
    iニニニ7   il  j{ ヘ       i:| :i i ト、
    |ニニ7   |{__廴,_:.    _从 l | :ハ:ヘ
    |ニニ7i{   ⅱ、 Ⅳ ∧   /ル` j! ル' } }
    }ニ7从   |irf爪「`' ∨ ,:fT「`'// j| /
     ∨:{  ヘ  | 弋_ノ    ヾ {_ノ イ/ ノル
    ノ叭  ヘ  l         ′  /:彡ヘ
     `ヾ戈  \ハ.    _    イ }ニニ乂_
        _> r‐ヘj ≧=-  ,。sチ{/ ノ冖¬√
       〉ニ八  }s。__ {`ヾ、人_7≧、
     _/____ニ〉くニニニ〔 ノニニ(   }ニニj                  i「
   r≠冖¬== {  〉- 、ニニ==ミ`Y^ヽニ7                   ___j{
  イニニニニニニニニ〉く`^¬Y    ヾ、 l 7         __,,...-=ニニニニニニ乂
 ,:ニニニニニニニニニ{  〉ニニ{   ( ノ }_Y{7          _アニニニニニニニニニニニニハ
 ∨ニニニニニニニニ`Y{ニニ从     人从夊_   ヽ   7_r '^~ ̄ ̄`マニニニニニ乂
  ヾニニニニニニニニ从ニィ_7´うぅ=彡ニ{/ハrマト、_ノ  /ニゝ       ヽニニニニニニ、
   〈ニニニニニニニルjハ㌻ニニf⌒jニニル ノ{    ,.ィ≠´         }ニニニニニニニ\
___ノニニニニニニィ{ / ノニニ「 `ー‐ヘニニニニ{   厂               }ニニニニニニニニニア
ニニニニニニニニ/_,7ニニニニニト ----{ニニニニ{  ノ             }ニニニニニニニニニ〔

『ラムダの場合は、レベルが上がりにくくなる「壁」はあるけど』

『壁は努力次第で突破可能だから』

『結局(無限に努力を続けられる限りは)ジョブも無制限に取得可能だ』



『だが、ラムダのように無限にジョブを取れる世界の方が、むしろ珍しいく』

『オーバーロードや、インフィニットデンドロムや、モンスターがあふれる世界のように』

『ジョブ数が有限な世界の方が一般的なのかもしれない』

27  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2021/02/21(Sun) 23:44:49 ID:2eef20ea
ジョブなんて無かった…>蜘蛛世界の職業
「道士LV4」みたいに職業のような名前のスキルがあるだけで

28  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2021/02/21(Sun) 23:47:39 ID:655fb9cb

                        , -'7
                           / .:::!
                       /, -┴─-- 、  ___
                        _ >'´       / .:::/                 __
                    /           / .:::::∧  , ' ⌒ ヽ  , ィ' ´ ̄ !
                 /            ::::::'::::∧'´:::_::::::. ヘ´   ..:::::::::7
                t   ,ィ         ::::::::::::::i,ィ´  )  :|  . ィ´::::,′
                   ∧:../          ::::::::::::::j::::::   ′ .:|>イ/:::::::::/
                 )::i:.. ....::_,.z--y'´  ..:::::::::::::/::::   ヽ、::::::   !:::::/
                     /  ヽ‐ゞ=ツ_,.イ  ....::::::: -‐ '´         .i::::!::7
                     ∧-      ....:::::::::7 .::_::::::::.....      .::V ∨
                 >- ..:__::::::::::-:i :/    \:::::::::::::::::::::::::ノ   ∨
     ,>=ニニニ=x                  {:::i  .......  ``ヽ、::::: ̄     ∨
    .,イ圭圭圭圭圭圭心        , '⌒ヽ,   >x:::___:::::::::::::...    >-、     ヘ
   /圭圭圭圭圭圭圭ヨiム      {     .ト、__    \:ヽ`ヽ、:::::>' ̄   ヽ    ヽ
  .7圭圭圭圭圭圭圭圭圭キ    八::::::::::ノ   ∨__,. -‐ '´      .::ノ
  .{圭圭圭圭圭圭圭圭圭ヨi}       ̄ ヽ::::::      ......:::::::::::::::::>- '
  Ⅶ圭圭圭圭圭圭圭圭j7         /::::..    ヽ__::::: -‐ '´.7
   ∨圭圭圭圭圭圭圭ヨ7      _ .ノ:::::::, ---、::!     , ィ7         /::
    寸圭圭圭圭圭ヨ才      /   ∨:::7::::::::::::::Y   /   i<::::::``ヽ、   i:::::
     `ヽxニニニ. <      八::::::::::::::j-ハ:::::::::::::ノ  /    |:::::::::::::::::::::::\  |:::
                     >-<   >-< /     |::::::::::::::::::::::::::::ヽ .!:::

『こうした、ジョブ取得制限がかかった世界は、多分ポケモンのように有限のリソースを最適化していくような工程になるんじゃないかな?』

『ポケモンでは、レベルは無限に上がっていくわけではなく、100レベルという上限があるし』

『また通信対戦や大会では、レベル50までと言った制限が課されることが多い』

『努力値にすら上限がある』

『故に、ヴァルゼライド閣下のように才能に恵まれぬ者でも頑張りさえすればどこまでも高みに登れる、なんて世界ではなく』

『才能ある者が限られたレベル、限られた努力値、限られた技枠の中で』

『どこまでビルドを最適化するかの勝負になる』



『恐らくは、インフィニットデンドロムも似たような構図になりやすいと思われる』

29  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2021/02/21(Sun) 23:48:26 ID:655fb9cb
>>27
『無いのかw』

『ああ、すまない、勘違いしてたw』

『となると、魂の容量がスキルの上限になるのかな?』

30  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2021/02/21(Sun) 23:49:48 ID:2eef20ea
なお、超級職にはレベル上限も取得数制限もなかったw

31  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2021/02/21(Sun) 23:50:26 ID:2eef20ea
>>29
ですです>魂の容量がスキルの上限

32  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2021/02/21(Sun) 23:53:49 ID:655fb9cb

                            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                           /:::/ /:::::::::::::::::::::::::::|::::::::',::::::::::',::::::::::::::::::::::\
                            /:::/::,':::::::::::::::|::::|::::::::|::::::::::',::::::::::',:::::::::::::::::::::::`、
                        l:::/:::, :::::::::::::: |:: j ::::: |::::::::::::,:::::::::::,::::::::::::::::::::::::::::.
                       ,ノ:':::::,::::::::::::::::::|:::ハ:::::::::::::::::::::l::::::::::}::::::::::::::::::::::::::ト::',
                      イァ7:::::l::::|::::::::::: |:,'-',x :::::::::::::: |',::::::::|::::::::::::::::| ::::: | ',:}
                        /イノ::::j : |:::::从::i!l  '八:::::::::|l:リ 'x::::/:::::::::::::::,'::::::: | リ
                      '´^!//^!:::l::::::| V    ∨:::リl | j∨ リ:/:::::|:/ |:::::::
                       人  |l:∧:::{≧=ミ、 \ ∨      /!::/::::/lイ::/
                        /´\v' V《乂:::ノ゙ヽ    x==ミx/: : :|/ !/
                       ノ{ |イリ` ヽ∨ ̄´       乂メイ/W从::{ ,/'
                      ノ i! ∨  ∧           |   ̄ /´   V/
                    //......|  '.,    ' ,       '   ,イ
                 , < ...,'.......∧  ∧,     \ `ー ニア'  ,/ }、
              , <´ .....................∧  \    \、  ,イj  } |..\
             / .......................................\  ` 、    `/ }j ' ノ /...... \
            /......................................................\   > 、/  j',/ /.............. \

超級職はレベル上限も取得数制限も無い代わりに、特殊な条件を満たした者の中から先着1人だけ取得でき、その人物が生きている限り他の者がジョブにつくことはできない(マスターが超級職についているなら事実上不可能)

『例外となるのが超級職で』

『これはレベル制限も取得数制限もない』

『条件さえ満たせば、ヴァルゼライド閣下のように努力さえすれば』

『どこまでも高みに至れる!』

『ここだけポケモンめいたストイックな制限と最適化の世界から』

『ラムダやシルヴァリオめいた無限の英雄の世界になっている!』

『・・・まあ、代わりに、シド星の世界遺産や世界ユニットめいて「先着一名様」という別種の制限は付いてるけどね』

『超級職は個々人の限界は取り外すけど、人類全体としての限界は定められてるわけだ』



『・・・まあそりゃ、邪神とか終焉とかぶっ殺せるのはこの領域に限られちゃうよね」

『そして、果てもない超級ですら及ばないのが無限職ならば、彼らはどこまで超越してるんだろうね?』

33  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2021/02/21(Sun) 23:55:08 ID:2eef20ea
蜘蛛世界だと、むしろ称号こそがジョブに近いかもで。

(例)
>『薬術師:取得スキル「薬合成LV1」「治療魔法LV1」:取得条件:薬を一定量使用する:効果:薬の効果を強化:説明:薬を使いしものに贈られる称号』

34  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2021/02/21(Sun) 23:56:04 ID:655fb9cb
>>31
『なるほど。となると、一応スキルの取り方も最適化した方が良いのかもね』

『別に最適化して強くなるためのシステムじゃないけど>魔力回収システム』

35  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2021/02/21(Sun) 23:56:42 ID:655fb9cb
>>33
『なるほど』

『支配者スキルはさしずめ超級職あたりかな?』

36  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2021/02/22(Mon) 00:02:49 ID:5f9f0dba
世界を作るような奴らですからのう…>無限職
超越具合としては、わんこーろと同じぐらいか。

37  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2021/02/22(Mon) 00:05:30 ID:a58904e6

                                ,ィi/   _ -─-  \ \      .i.
                              ィi〔//   /r=ミヽィ=ミヽ \ \      :i:
                            f//////>‐イ /ノ ≧ ≦ l}、_)//\  i ノi:
                            ``丶、._ // / ィ灼   ィ灼 Y} ∨///ノ :iiii i:
                                 ヽYニlニ) M   r ソ_ノ-‐'´  :iiii i:
                             イ     _ノヽ  | レvvvvv}⌒ヒ .イrΛ :iiiivi:
                                / |   |\ } | l^^^^^l|∨{l| :i } } :iiiiiii{
                            { | ハ ハヽヌ  |r' 人  人 {ハ:ii } } ノ:iii}ii:.
                            |l>| r| V 〉〉 ) |f´  _,,...-ミ Y/:iiV } ハiii: :i.
                        __/ヽ |ヾ|_У ハ | | {  小ィi〔     ==:ii<ノ_ノ |iii i:..
                    _,,..-‐''   \丶寸    {X| | |___ノ   _彡⌒i 从〉、  {iiii iiii:   ,;;,.
                   ノ   (辷‐- \ヽヾ、ィi〔 Tヽ ∨==彳    彡}rぅ} ヾ斗iiii..:iiiノヘ ;i i
                   7 ‐ / __) // )}__}}ハ  }l      と_ノノ 〈〉{〈iiiiiiiイ、>} iii` i.、
                 r´ __   チ /  /// l}   }}7 ハ}     チ⌒fΤL__ノYィチ,;;,{{寸 iiiii;,ii、ヽ>
                   )^//〕  r/ r Y{{  ノ   // / /  rマ寸ミ ∨}_从ソノヽiiii{{{lヽ iiiiiii ヽ', } ,ィ≧、
                 /レヘ/     ハ }ー从/⌒ゝ--'  / /三三\⌒丶\`Y/γ⌒こiii{{{γ .:iii }  }人{У/入
                ./ミ|YYYYYフ/~    \- 、 丶== 〃    ̄ ̄`ヽ _,,〉-‐''ニ7__ ノー-、 iii ヽ{ //´ヘJ }〉
               〃 /LLLLLィ    /\/ {ヘニミヽv'/       ィi〔‐ ィi〔-、   / rノーヘー ヘ ノ∨Λ { ヾァ \
              / {/  /⌒ \ /     ハ  丶ゝヾ======ミ、, -'"    ̄ ノ 、  } ,;iii \} ∨Λ)ゝ-ミ マ「
             _/.,ィ /  /  _ >=ミ、__/二二二ゝ-ミ ____ノ 寸    ‐'´  イУ,;iiii_ -ミ寸vヘr r、   ゞヤ
             // 小ミ、/==彡                 ̄ ̄,..-‐'' \ '´ ̄ ̄   ノ.:iiiiiiii    ∨ LLLYrv{ヽ、\
               / // /‐‐ ´7_             _,,..-‐''       }l T彡-‐‐彡くノ人i、_  ヽ、   ^¨¨} }Y」
---──────‐'=  ̄ ̄   _,,..-‐''            , -'"         _,,..-‐''/ ̄< ヽ/lr^^^У \    ノ 〕iト     り  丶
 ̄ ̄ ̄` ̄ー──────‐こ:::::::::::/       _,..、-''"        /-==//\  ト}   ノリー- 、_ソ⌒ 丶   〕iト     〕iト
           / \}l } }  / /::::::::::    _,..、-''"           ___/( ⊃  ノ / {  リ }/ {   ノ \         〕iトく⌒ヽ  〕iト
          '   }〈´⌒丶\                 ィi〔/   ゝ ー彡⌒ヽ)У( } /{_, イ    \     \ マー=〕iト ̄ マ  〕iト
          '     \   ヽ \) ̄ ̄7          /ィi〔\     \ゝ-==彡'   乂ト 、  {        \',      ヽ 丶 \ヽ  ヾー⌒
        /      >====У    ゝァ      ィi〔´   ヽ ゝ __  r‐ '´ -──-、|、 ヽこ〉        ハ丶     ∨二>Y{

『本来は、グランドサーヴァントが人類悪を討伐するノリで』

『超級職パーティでどうにか撃破するのが邪神や終焉って感じになる』

『世界を守るための戦い・・・というよりは』

『そうして超級職に淘汰圧をかけることで無限職への進化を狙ったんだろうけどね』

『まあ、実際にどういう条件で進化するかは無限職(創造神)自身もわかっていなかったようだけどw』


『だが、神々の思惑がどうあれ現地人(ティアン)からすれば世界を守るための戦いであることに変わりはない』

『故に超級職ティアンはグランドサーヴァント並みに欠くべからざる存在だったんだが・・・』

『今代の神である無限エンブリオたちは、むしろ超級職を間引いたり、枠の限られた超級職をプレイヤーにまわしちゃったりしているから』

(終焉は無限エンブリオやプレイヤーのような「よそ者」では倒せない)

『今のインフィニットデンドロムはグランドサーヴァントが欠けた状態でビーストが降臨しかけてるような非常事態になっているw』

『人理焼却間際かな?』

38  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2021/02/22(Mon) 00:06:54 ID:a58904e6
>>36
『だねえ・・・それこそ創造神・覇道神クラスか』

39  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2021/02/22(Mon) 00:11:39 ID:5f9f0dba
どう考えてもヤバいですよねぇ。

40  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2021/02/22(Mon) 00:15:38 ID:a58904e6
>>39

  .,ノⅣil{,l}l},i}i.l}l}l.Ⅶ{!-l}、Ⅶl}l}l}l} Ⅵ{lィⅦ-Ⅶ.}Ⅶ l.}.州州{l}{!
  〃' lⅣl}l},l}!lⅦ}Ⅶ!.l} {!. Ⅶ州l}l '´Ⅵ、Ⅶ} lⅦ}l}`リ,州}Ⅳ}!l}
 ,′ .l}l} l州l}.l州}、Ⅵ __ `Ⅵ{l|   , -  l}!.}l州州州l{ノ }!
 |  l}.| .Ⅶ,'l州l}l}、-zァ云zミ-Ⅵ  ァzィ云zzミlⅣi}l l}Ⅵ{、
    l!.l }lⅨリ !ⅦⅥ乂;;;ノ'`    ´ 乂;;乂ィリ州ハ{ソノl{ `
.     ', ./ 刈'}l、ーⅦl.`=彡''  i    `=彡〃/'‐ィil{
        /l} l≧:ヾ.       |.      / /チ::::l |
       ,rイ |l:::::l|:.      :!′     /:;!ハ::::! |〉、
      .,イ//{ .';::::::|:.丶   ` ―― '’  ./::::|::::::,' .l'/,ト、
   ,.ィ///l'/,li V:::i!:::::..`:..、     ,...:;イ:::::::;!::::/ .州 |/,ヽ、
 ,イ//////∧'/, \ヘ:::::.\`:...、_...イ:://.:イ:::,'/ .////////,ヽ、
'/////////,li,'V/\ `<_.\:::::::::/ ノ/.:>'  .イ///////////,ヽ
//////////,}li/,V/,>、   \__/ ̄ ̄´  ィ///////////////,
/////////////,ヘ'////≧.   l||   _,x≦彡'///////////////,
/////////////////////|.  |||  |//彡'/////////////////,

『だよねえ・・・』

『今回ローマがやったみたいに』

『現地人に超絶成長的な限界突破(≒疑似的な超級職取得)でもさせないと無理なんじゃなかろうか?』

『原作はどうやってオチ付けるんだろうね?』

41  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2021/02/22(Mon) 00:20:32 ID:5f9f0dba
謎ですよねぇ>原作の解決法

42  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2021/02/22(Mon) 00:24:54 ID:a58904e6

             _     ト、   -、、
                 `ヽ``~、! \  ノ ',
             {`ー‐'        `  }__,
              >          、/    ∠ノ}
.         `ー=≦              ⌒     ノ
          /                    ~>、
.       ∠二         V           ≧=-
.          /       ,'   V /∧∠ V' ト、
          {/     |  、  \  {ィ灯.} !|⌒
.     ー=≦ _ >"  斗-ハ {\  \{リノノ.イリ
         /イ  V   ∧イ笊ヽ`¨¨´   }
           { .ノ   .!\. ∧Vソ    `
         ⌒ 八  `<{       ノ/
             }.`¨¨ j`s。.     ¨´ /
                八{∨「 ̄  `¨¨¨¨´
                     L  ___j_
                   /} /       \
.                /.//    / ̄ ̄ ̄、
                {〈    /       \
            /  / /=V /  ,.'"~ ̄~"''~、、
.            /  / 〈ニ-∨ / ,.'"~ ̄~"'~、}
            /      Vニ/i/ / ,.'"~~~"'~、{',
         /       V // /           \
.         /      /  {  /           \
         /    /    .{ /                \
.         /   /       八{                /\
.      /                         、/  ./

○<エンブリオ>:異世界からやってきた管理AI(無限エンブリオ)とそのマスターが持ち込んだものらしい。
マスターの性格や経験によって進化し、一つとして同じエンブリオは無いと言われている。

・手の甲に埋め込まれた卵の形をした第0形態(共通)
・<下級エンブリオ>と呼ばれる第1~第3形態
・<上級エンブリオ>と呼ばれる第4~第6形態
・<超級(スペリオル)エンブリオ>と呼ばれる第7形態
が存在する。
なお、<超級(スペリオル)エンブリオ>を持つマスターは、ジョブに関係なく<超級>と呼ばれる(無職でレベル0の超級も居る)
<超級エンブリオ>もいつかは<無限(インフィニット)エンブリオ>に進化するのかもしれないが、進化の詳細は不明。

○<エンブリオ>のカテゴリー
エンブリオはいくつかのカテゴリーに分類される。
基本は5種類、レアなものが三種類。下級のうちはこのいずれかに分類される
上級、超級のエンブリオに進化した場合は派生したカテゴリーや複数のカテゴリの混合型になったりする。
エンブリオはマスターの記憶や人格を基に進化するため、マスターの性格によって、ある程度エンブリオがどのカテゴリーになるか決まってくる。


『また、プレイヤーはジョブだけでなく、スタンド的なエンブリオも取得できる』

『・・・というよりも、今代の神である無限エンブリオたちからすればそれが本題で』

『ジョブの方が、エンブリオを育てるための舞台装置について来たオマケって所かな?』

『現地人(ティアン)がジョブの加護しか受けられないし、死ねば普通に死ぬのに対して』

『プレイヤーはジョブとエンブリオの両方の加護を受けられ、死んでもリポップするから』

『現地人のほぼ上位互換になっている・・・邪神・終焉に手を出せない点を除けばね』


『ジョブとエンブリオの併用については色々興味深い』

『二重加護で同レベル帯の現地人より強いだろうし、二重に成長するから成長も速く、最終的な到達地点も高い』

『ジョブとエンブリオのコンボ・シナジーを狙ったりもできるんじゃないかな?』

『ラムダで言えば、ジョブとランクの二重加護を受けられるヴィダの新種族みたいな』

43  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2021/02/22(Mon) 00:25:37 ID:a58904e6
>>41
『無限職に並ぶ力で世界構造をどうにかする』

『・・・つまり無限エンブリオや無限職到達くらいしかないかなあ?』

44  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2021/02/22(Mon) 00:26:54 ID:5f9f0dba
まあ、二重に世界法則を書き換えられる立場になれば行けるかもですねぇ。

45  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2021/02/22(Mon) 00:36:11 ID:a58904e6
>>44
『だねえ。ろくでなしの神々の願いをクリアしてやる形にもなるし』

46  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2021/02/22(Mon) 00:48:07 ID:a58904e6
                  __
                 , ´ ̄{三三i- 、
               /   /三ミf´   ',
                 /    乂三ノ   }
     __, -----、 /   (三三)    '
   //l/// /´ ̄`iっヽ  /三:ハ    /  ドチラヲ攻撃シマスカ?
   { i/// {つ i⌒ヽ--ト、_乂三ノ  ∧
   /  { {つl{ー {⌒ }--|_ノ三ノfiIIIIア/_/  「犯人本体」デスカ?
   {  ∧ヘ、 ヽ__{ ⌒|__ノ}く_    ./   クソッタレ「爆弾スタンド」デスカ?
   \ ∧ fニト、lー' }し'.人-_, <⌒ヽ  「3・FREEZE」ハ1度ニ1回シカ
     ∨__.ノ\ `¨´ イ /}ト、_ノ、   ト、 攻撃デキマセン!
       l{\ `¨¨´ /イハ lト、_) r〈_ノ
       |l\ `¨¨¨¨´ {l///ノ  }__ノ_ノ
.        \ノ\         | /
        /{  >---<フ‐一くノ
        | | i⌒ヽ   , f¨´
      /| | {ニニ}  / _}、
      { `>乂-ノ_ <´ /-、_
     / ⊂ニニニ ヽ ノ}/   }
    /   r──‐'  }      ∧

○<エンブリオ>:異世界からやってきた管理AI(無限エンブリオ)とそのマスターが持ち込んだものらしい。
マスターの性格や経験によって進化し、一つとして同じエンブリオは無いと言われている。

・手の甲に埋め込まれた卵の形をした第0形態(共通)
・<下級エンブリオ>と呼ばれる第1~第3形態
・<上級エンブリオ>と呼ばれる第4~第6形態
・<超級(スペリオル)エンブリオ>と呼ばれる第7形態
が存在する。
なお、<超級(スペリオル)エンブリオ>を持つマスターは、ジョブに関係なく<超級>と呼ばれる(無職でレベル0の超級も居る)
<超級エンブリオ>もいつかは<無限(インフィニット)エンブリオ>に進化するのかもしれないが、進化の詳細は不明。


『エンブリオ自身は、卵から始まること、持ち主の精神性を反映した固有能力であること、経験次第で進化すること』

『(無限エンブリオに進化すれば)持ち主の死後も一人歩きすることなどから』

『僕としてはエコーズやタスクのような進化するスタンドの部類じゃないかと認識している』

『多分、スタンドの進化形である「鎮魂歌」や「天国」が無限エンブリオに相当するんじゃないかな?』

47  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2021/02/22(Mon) 00:53:52 ID:5f9f0dba
ありますよー>ジョブとエンブリオのコンボ

・ガードナー獣戦士最強理論

獣戦士:獣戦士の能力値にテイムモンスターの能力値を加算できる。ただし、テイムモンスターを使役できる従属キャパシティが低いので、強いモンスターは使えない。

ガードナー:<エンブリオ>がテイムモンスターになる。モンスターになったと言っても、必要な従属キャパシティは0なので、どんなに強いモンスターになっても使役できる。

獣戦士の進化系超級職【獣王】と、ステータスに特化した<超級エンブリオ>【怪獣女王 レヴィアタン】のコンボで物理最強に

48  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2021/02/22(Mon) 00:56:45 ID:a58904e6
>>47
『なるほど。やっぱりあったか!』

『ありがとう』

『テイムモンスターになってくれるガードナーと、テイムモンスターさえあれば強いけどあんまりテイムできない獣戦士のコンボは凶悪と!』

49  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2021/02/22(Mon) 01:00:04 ID:ac2a492d
>>31
オーバーロード世界の現地人のレベル上限が低いのも、蜘蛛世界と同じく魂の容量が少ないで説明がつきそう

50  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2021/02/22(Mon) 01:07:08 ID:a58904e6

                      _  _
                    /i:} {i:i:} {i:i:}
                      /i:i:i} {i:i:} {i:i:} ..ト、
                        {i:i:/i:}i:i:i}r㍉i:}.r、}i:}
                   {i:i:{i:i:},.斗i:i}ミ、i:i:}ii}
                   {i:i:{i:i:} i}i:i:}  }i:i}ii}
                   {i:i:{i:i:} i}i:i:}  }i:i}ii}
                   {i:/i:i:ト、_}i:i乂/i:i:}ii}
                   {i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}___
                    __,,.{i:i:i:i:≧xi:i:x≦i:i:i:i:}ニニニニ≧=-
                   〃ニ=-{i:弋rxi:i:i:i:ixr斧i:i:i}ニニニニニニニニニ=≧=‐-<
              /ニニニニ乂i:i:i:”:i∧i:”¨i:i:i:i/ヽニニニニニニニニニニニニニ=-}}、
                 {ニニニニ=.∧`ー'′.`ー==彳}i:}ニニニニニニニニニニニニ=-/ ヽ
                 {◯ニニ=-; ∧ `¨こ''` // .}i:}ニニニニニニニニ=-◯-/ _,.斗*,
             { Ⅵニニニニニニ{ヽ、__,., ; /..:/./≧xニニニニニニ==-〃≫''”    ,
             ゝ Ⅵ◯ニニニ=\_:_:_:_:_:_/.イニニニニニニニ=◯= // _,.斗*''⌒}
              /{\ニニニニニニニ}7⌒}7彡、〉ニニニニニニニ=-/ {≫''” _,.斗*''“ト、
                 { 乂_.Ⅵ◯ニニ=-}′=.}′ニニニニニニニ=◯-/ ,.∧,.ィ''”  ,., -‐=
                 ト、   Ⅵニニニニニニニニニニニニニニニニニ=./≫''”..:} x≦  ,., -‐=:,
                 ∧ `ー==\ニ◯ニニニニニニニニニ=◯=-/__,,..,イ ∧ x≦ _,.斗*''“ ',
                 {\`ー-彡.′ ̄}ニニニニニニニ=- ,,.イ   _,≫''”.:∧斗*''“ _,.斗*''“',
             /ヽ  ̄ ,ノ    \ニニニニニニ/      /  /.i∧ x≦” ,., -‐= , 
           /____ `x≦ }       ̄Ⅵ==-{ : :r≦” ̄__,,.. .-=ニ..:∧,.ィ''”   x≦”}
              {____ ”ミ*、_,,}           \ニニ\.\  〈   x≦”./  ,.ィ''" ,..斗*''“}
              {____  ”“''*、′         ヽニ=-\`ー=ミ、,/   /   ∨ィ''“ x≦”⌒ヽ
              {   ≧x /           ∧ニニ=-ヽ _/ ./斗*''“ } ヽ / ./    _,
          ′     〉           _,.斗 }ニニニニ=}   イ.,,.斗*''″.}  Y /-‐=ニ¨” } 
             {ニニ=- .、...′            {ニ./_/ニニニ=-.}x≦      /⌒ヽヽ       ′
           .{ニニニニ= 〉              {ニニニニニニニ=-\_________,,,,..x米≦=} }_,.斗*''“⌒'{
            .{ニニニ=-/           /ニニニニニニニニニ◯ニニ=◯=ニニニニ=-} },., -‐=ニ  ',
          {ニニ=- .′            {ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ} }_,,.,

『スタンドは固有能力とはいえ、まったく同じスタンドは無くとも「似たスタンド」はあるし、分類もできる』

『近距離パワー型とか遠隔操作型のようにね』

『エンブリオも同様に、まったく同じエンブリオは存在せずとも、「似たエンブリオ」はあるし、分類も可能だ』

『例えば、下級のうちは基本五種の「アームズ」「ガードナー」「チャリオッツ」「キャッスル」「テリトリー」などがある』

『一般的なスタンド(クリーチャートークン)に近いのは、マスターを護衛するモンスターの形状を取る「ガードナー」だね』

『アームズはアヌビス神(刀)やピーチボーイ(釣り竿)のような「武具」「道具」の形態を取るエンブリオ』

『チャリオッツはザ・パワー(船)やホイールオブフォーチューン(自動車)のような乗物型って感じだね』


『キャッスルはバーニング・ダウン・ザ・ハウス(家の幽霊)に』

『テリトリーはアトム・ハート・ファーザーのような空間系スタンドに』

『ボディは本体と同化している猫草あたりに近いかな?』


○<エンブリオ>のカテゴリー
エンブリオはいくつかのカテゴリーに分類される。
基本は5種類、レアなものが三種類。下級のうちはこのいずれかに分類される
上級、超級のエンブリオに進化した場合は派生したカテゴリーや複数のカテゴリの混合型になったりする。
エンブリオはマスターの記憶や人格を基に進化するため、マスターの性格によって、ある程度エンブリオがどのカテゴリーになるか決まってくる。

(基本カテゴリー)

・TYPE:アームズ
<マスター>が装備する武器や防具、道具型のエンブリオ。中には体の一部をエンブリオに置換した義手型や義足型、心臓型のエンブリオもここに含まれる。
傾向的には勇気のある人、傷つくことを恐れない人、猪突猛進、バカ、人情家、熱血漢に多い。

・TYPE:ガードナー
<マスター>を護衛するモンスター型。
傾向的には臆病な人、傷つくことを恐れる人、寂しがり屋、あるいは誰かに守ってもらいたい人に多い。

・TYPE:チャリオッツ
<マスター>が搭乗する乗り物型。車・戦車・戦闘機など乗り物の姿のエンブリオが多いが、中には乗り物と合体して強化するようなエンブリオもここに含まれる。
傾向的には演技派、嘘つき、ノリがいい、優柔不断、ストレス溜め込む→爆発する人に多い。

・TYPE:キャッスル
<マスター>が居住できる建物型。動けないが防御力の高いものが多い。
傾向的には内向的、優しい、職人肌、丁寧、協調性がある人に多い。

・TYPE:テリトリー
<マスター>が展開する結界型。ローマ的には概念空間のように一定範囲内に何らかの効果を与える<エンブリオ>。
傾向的には支配欲が強い、ストレスを溜め込む、自分ルールがある、独善的、一匹狼な人に多い。

(レアカテゴリー)
・TYPE:メイデンwith○○
基本形態が人間女性、かつ必ず他のカテゴリーを一つ併せ持つハイブリッド型の<エンブリオ>
女性型からアームズ、ガードナーなど他のカテゴリーの形態に変身する。
傾向として、初めから「頭では理解していても、心のどこかで<Infinite Dendrogram>の世界をゲームだと思っていない」人や「<Infinite Dendrogram>の世界の命が現実と同じ重さを持つ」と考えている人、いわゆる“世界派”の人に発現することが多い。

・TYPE:アポストルwith○○
基本形態が人間男性、かつ必ず他のカテゴリーを一つ併せ持つハイブリッド型の<エンブリオ>
<Infinite Dendrogram>が心底嫌い(憎い)だがプレイするという歪な状態の人に発現する傾向がある。

・TYPE:ボディ
いわゆる全身置換型。アバターを丸ごと差し替えるタイプ。
「自分自身をそっくり別の物と入れ替えてしまっても問題ない」というパーソナルが必要となる模様。