屍とクローズドサークル 3日日

レス数:364 サイズ:948.15 KiB 最終更新日:2024-06-21 03:12:25

4  名前:普通のやる夫さん[] 投稿日:2024/04/12(Fri) 21:52:28 ID:1dd6c04c

                                                              ,,..、、、..    ,  ⌒ヽ
                                                        >``::ミhく:-‐- 、 ` /      \
                                                 ./ , ⌒ ̄¨"' ニ=- \ {r  、    ヽ
                                                 ./ /              \
                                              ./ ,   /    、        :.
                                               , / /   /      ,        :.        ヽ
                                               イ/  ゙   `       l         ヽ           i
                                              /      i        |      ',   \         |
                                               |  i    |;  /    ト、 _   i ',   ト、      |
                                               |  !   , ─{       \ ` ! }    :.       |
                                                 j  l   | ハ    / 芹示ミ、} /  |  |
                                                ハ  、  ィぅ竓笊   {   込ツ }:イ   ,  .!       ハ
                                           / j ヘ   、 込ツ \|     /,:   /   |     , i
                                               ハ   i     ,        |  /   ,    /  |
         でも……                                   j   ∧             / /   /        |
         あれだけの目に遭ってきながら、正直                 ハ  .)h、   - -    /イ'   ./ |       .|
         自分の呪い体質をまだ舐めてたんだ。                 j/从} ≧s。     イ   ハ イ   !       . |
                                                            `¨}´      }: }  |       ,'
         仮に今回また殺人事件が起きたとしても                     , -- ‐‐ rノ         ノ从  |:      '
         またいつものように、殺される前に事件を                   //////``       /r‐‐i⌒}¨7、   l  |
         解決すればそれで済むと思ってた。                   ///////{、 ____ _____, //////////:\ !  !
                                                 /、///////∧ ー――‐一 /////////////:\/
                                              〃//ヽ/≪///∧      ////////≫\////\
                                                {////,'////////;∧      /////////////V////}





            /           /  /        |    |         `      ゛
        /            /ヽ.        ;   |         ゛        |
          /         /,  /:i:i:i:j        /\   |!     i            !
        .'          /l   /:i:i:i:i:i:|       /i:i:i:i:i:、 ハ    |    i       |      .違ったんだよ!
.         i          /ハ /i:i:i:i:i:i:i;|      ,/_i:i:i:i:i:i:i:ヽ    |    |       l|      私の呪いはそんな生半可なものじゃなかった。
.         |l        / _/,、、-‐'":i| ハ |j':i:i:i:i:~''ー-、、,ヽ__ |    |       l|
.         |         Ⅵ _/x====ミ、j,/:i:i:} 从i:i:i:i:i;x=====ミ\ |    |       l|      自分だけじゃなくて、私の周囲の人間も
.         |i       |:iⅣ   rハ   ㍉:i:i:∨:i:i:i:i㌘  rハ   Ⅵヽ|    |       l|      容赦なく巻き込むんだ。
.         |l       |:i八   ヒリ  .:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.   ヒリ   八i:i:|    |      八
.         |l       |:i:i:i:iミ=--=彡:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ミ=--=彡:i:i:,'   ,  |        、    両親が危惧してた通りに。
.         |l      ∧  ̄¨¨¨¨¨¨ ̄ ̄〈! ̄ ̄ ̄¨¨¨¨¨ ̄ /   ,' .ノ          \
.         |l       ム {j                 /   ' /           ヽ
.      八八        ム                 u  ,′  / /             :.
            \.      込      ⊂=ー....´⊃    .イ    .' ,' \            :.
           \     .....)h。            ィ 「   / /   \           :.
                \ (    | ≧s。    。s≦ l   )/ /      \          :.
                 ⌒ヽ   |           |   ⌒ ´         ヽ         :.
             ______,ノ            乂______     }          i
        ,....:<///////\///∧          ∧////////////>、   |          |
      //////////////\//∧         ∧////////////////ヽ |          |
    //////////////////\/∧        ∧//////////////////∨|          |