【Ffh2風】やる夫は無茶振り王国の研究者のようです128【R-18】【技術開発】

レス数:986 サイズ:863.88 KiB 最終更新日:2022-11-19 08:20:47

1  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2022/11/05(Sat) 23:22:13 ID:03049d68
     ;:;:;                                 ど
     ;:;:            ,r'" ´ ̄ `ヾ、.          明.  う
     ;:;:.           . I ─  ─ .ヾト、       る   だ
     :;:;:;.             ハ (●) (●)  !.::\.      く.  お
     ;:;:;:           /.:.ヽ (_人_)  yイ.::.:::ヽ     .な
     ;:;:.         ノ.:!:.:.:.:`7ゞ-<.:〉.:.:. ::i:.:::}   ろ つ
     从 __  _,,,/.:.:/:.:.:.:.:.:| }-{/i.:/.:.:.:. ::|.:/     う .た
      从从魔力}と_」.:/!.:.:.:.:.:.:.!  ̄ リ.:.:.:.:.::り.    ?
         ̄ ̄    ̄  |.:.:.:.:.:./_ :__ヽ.:.:.:.:\
                \/.:.::..:.:.:.:.:.:..:\:.::./
                /.:.:.:.:.:.:.「^Y.:.:.:.:.:.:|´
                 {.:.:.:.:.:.:.:.| ,!.:.:.:.:.:.:|
     __           \.:.:.:.:.:.V.:.:.:.:.:.:.:| 
    /.:.:./ンく";;〕      \.:.:.::|.:.:.:.:.:.:.:!
    ヽ;::/::::::....;;;ヽ、       > 'ゝ─‐イ、
     ヾ;;;;;;;;:::...;;;;〈       `ー' ``''ー‐'
      ‘ー.く`ヽイュ、
         ソ´・ ̄ス_      お  暗 :::::::::::::::::::::
        ./ ・ ・、√: : : ヽ.  ら. 靴  く :::::::::::::::::::::::
         >.= イ: : : : : ;_;|   な. が  て ::::::::::::::::::::::
      /l_"/( ヽ}: : : : .]   い わ   :::::::::::::::::::::::::
      `ー――` \ : : : イ  わ か :::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

・このスレは【魔法有り】のファンタジー世界に生きる【科学者、やる夫】が王様の無茶な注文に必死に応えるスレです。
・参加して頂ける方は【王様の無茶振り】を満たす【科学技術】のアイデアを提供してやる夫君を助けてあげてください


ウィキ: ttp://www61.atwiki.jp/muchaking/

過去スレ
【Ffh2風】やる夫は無茶振り王国の研究者のようです【技術開発】
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15257/1391541053/

【Ffh2風】やる夫は無茶振り王国の研究者のようです127【R-18】【技術開発】
ttp://bbs.yaruyomi.com/test/read.cgi/ban/1666109442/

2  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2022/11/05(Sat) 23:23:37 ID:03049d68
                      __
  , -‐- 、.               `ヽ, `ヽ
 ,'. /  ト、 ヽ.     、 ノ 、     ,.' -─-ヽ.
i. ((从ソ u从〉 G / (● ●)ヽ  <i !レハハハ))>
l. (|┳ ┳i!l   、ヽ(_人_)*ノ    ル(リ_゚ -゚ノ!
ハNiヘ  ー ノハ!  ∨ ‘ー’ .○      / /wk|O―☆
   {iつ旦O    |      |  .    / / !_i_〉l
  とくュュュュ〉    .し    J     く_/_,ルノノ
王様       科学担当       魔法担当

アイデア例)
王様「食べ物が無い。魔法でかき氷を作ってしのいでいるけどこのままじゃじり貧だ。なんとかして食べ物を作ってくれ(ちなみに文明レベルは狩猟採集未満)」
やる夫「獣を狩る武器すら無いし、食べられる植物だってほとんど見当たらないのにどうしろって言うんだお!」
参加者「稲作やろうぜ!」

【解説】
やる夫は技術開発における国の最高責任者です。
参加者はやる夫の部下として意見を出していく形になります。

【勝利条件】:【邪神を倒せ!】もしくは【星海の果てへの移民を成功させよ!】
邪神を倒し、ゲーム本編は無事完結しました!ありがとうございます!
ですがやる夫たちの研究はまだまだ続きます。

【現状】
管理局編がスタートしました!
危険技術やスパイラルネメシスなどの世界の危機にうまく対処して、多元宇宙の平和を守ってください!

お世話になったスレ。この場を借りて御礼申し上げます。

・戦略・経営・外交シミュ系安価スレッドを考えたいスレ39
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/14796/1391441453/
構想段階での相談や、テストプレイ、AAの支援など、多くのご協力を頂いています。いつもありがとうございます!

【派閥】シンジが瀕死の祖国を救おうと必死なようです17【R-15】
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15257/1390440019/
偉大な先人。
無茶振り王国は元々瀕死の祖国スレの「電波研究」部分を自分なりにスレ化してみたいなというのが原点になっています。
楽しいスレを立ててくれてありがとうございます!

3  名前:スレ主削除[スレ主削除] 投稿日:2022/11/05(Sat) 23:24:08 ID:03049d68-DEL
スレ主削除

4  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2022/11/05(Sat) 23:33:09 ID:0427c84a
立て乙

5  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2022/11/05(Sat) 23:33:22 ID:0427c84a
立て乙

6  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2022/11/05(Sat) 23:35:19 ID:03049d68
水銀→ワルフラーン

黄昏→アフラマズダ?(対等じゃないけど恋愛感情向けてる特別枠)
黄金→スィリオス
刹那→マグサリオン

『こんな感じかも?』

7  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2022/11/05(Sat) 23:39:06 ID:e50f8f27
設定上自滅因子って同性なら「親友が段々変わって」って
異性なら「世界のどこかに出現する」らしいから
獣殿は恐らく一周目は普通の人間だったんだよね

8  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2022/11/05(Sat) 23:40:18 ID:03049d68

                                 / /
                              /.:/ /(
                            //.: .:  ̄ . :  ̄\  ィ{
                       _、+''” } / . :   . : : : : : : : : : >' }{
                 _、-::::::::::::::∥. : : /. 、<~~ ̄~>'゙::::∥>、
\ _             ..:::::::::::::::::::::::∥. ./. ∠_ : >''” :::::::: ∥ : : \
  \ニ- _        /.::::::::::::::::::::::::::∥/. : : _: : :\:::::::::::::::: ∥ : : : : : \\
    \ ニ- _     /.:::::::::::::::::::::::::::::: 厂 厂 ̄|l:::: \: : \::::::::::/\ :: : : \: :\\:. :、
      \   ニ- _ .::::::::::::::::::::::::::::::::: / /:::::::::::||:::::::::: \: : \:/、: : : : : : : : :\: :\\ \
〕iト ..   \  \ニ- _::::::::::::___/ /:::::::::::: ||/ ̄~”¨"''<\\ : :ノ}: : : : : \ : : 「>、‘,
::i::i::i::i::〕iト . \  \:::::::”''<    /:::::::::::: / /¨¨¨¨"'/、 `¨¨"彡' : : : : : : : : : : V/〉:‘,
\:i::i::i::i::i::i::i:/::::\  `¨¨¨¨¨¨”''<::::::::::::::: / .ィi::::/\/  `¨¨¨´\\: : : : : : : : : : ∨ : : }
  \::i::i::i::i:/::::::::::::::>、____   `¨丁 7 /::|/:::::::::::{ ̄ ̄ ̄/\ : \\ : : : : : : : : : : : ∧
   \ :i:/:::::::::::::::{  \ :::::::::::::::l     L/ /__」::::::::::::::::{::::::::: : /  :、\ : \: : : : : : : : : : :〈 ‘,
     ∨::::::::::::::::ノ /::\__|_______/ /_/_____/\::::::/ ̄{ :\\ : \ : : : : : : : : :‘, ^
     .::::::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::/ .ィl|::: |:i:i:|::::||:::::::::::: |/ii/{    \/{ :\ : : : : : : : :‘,
    .::::::::::::::: ̄ _________/”¨´ /〉:l| :::|:i:i:|::::||:::::::: /ii/ :: {⌒>''”::::::{\ : : : : : : : : : .‘
     ::::::::::::::::::∧∧:::::V∧:::::(__/ V : l| :::|:i:i:|::::|l : /{i/:::::>''”_、 -‐…て‐-、 : : : : : : : : .
    L::___∧ V∧:::::V∧:::::V∧::::::::::::l| :::|:i:i:|::::|/:::: {>''”、+''”:::::::::::::::::::::::>//〉 : : : : : : : : .  ,
     //::i::i::i::∧ V∧:::::Vノ:::::::∨ :::::::::: l| :::|:i:i:|::::|:::::::::::{ +''”:::::::::::::::::::::::::::: < //〈∧ : : : : :\ : . ‘,
.     //::i::i::i::/::∧ Vノ:::::::::::::::::::::::___/:| :::|//::::::::::::{:::::::::: _、 -‐‐…━…‐‐- 〈 ゚, : : : : : \ . ‘,
   ∥::i::/:i:/:i/:i∧:::::::::::::::::::::/>''”_、-|::::::/:::::::::: / \:/::::\ ::::::::::::::::::::V//∧‘、: : : : : : : :\.‘,
  /:i::i:/:i:/:i/:i/:::<\___厂'” _、-ニ :/|/::::::::::::/::::::::/:::::::::::::: \_________ 、へ /〉 \: :\ : : : :\\     }
.∠::i::i::i:/:i:/:i/:i/::::::/>、 ___、-ニ ::::::/ ::::::::::::::: /::::::: /::::::::::::::::::::::/:i::i:>''”::::::V\   \: :\ : : : :\`¨¨¨¨´/
     ̄|:i/:i/ii〈::::::::`¨¨¨¨´.::::::::::::/:::::::::::::::_-ニ⌒::: /:::::::::::::::::::: />''”::::::::::::::::::::〉/ \ \\: :\ : : : .`¨¨¨¨´
      |\':i::i:/\_________/::::::::_、-ニ⌒ :::::: /:::::::::::::::::::: /'”::::::::::::::::::::::::::::://///∧\:\\: :\ : : : : : :
      |::::::\{::\} :::::::::::::::: / _、-ニ7 ̄{\_/::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::: /\////∧ \: ̄: : : :\ : : :
      |::::::::::::\: `¨¨¨¨¨´  ̄::::::::: /:::::: {::::::\\ :::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::: /: : : :\// ∧    ̄ ̄\ : \

『やっぱマグサリオンの言う通り、全部解き明かしてから殺さないと(解決しないと)ダメだなあ・・・』

なお、黒はその辺思考も節約してしまうらしい。「無慙」は黒いがマグサリオンは青赤あたりだろう。

『まあアムリタはSCP-3125やSCP-370っぽいけど』

9  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2022/11/05(Sat) 23:40:41 ID:0427c84a
>>7
そこなんだよな
永劫回帰が二周目以降をループさせてるから
全部水銀が作ってるように見えたけどアムリタで
「神になった一周目」があるならこの矛盾は解決する

元々人間の友達だったラインハルト・ハイドリヒが存在できる

10  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2022/11/05(Sat) 23:41:02 ID:03049d68
>>7
『だろうねえ・・・』

『普通の人間として友達になって、そして変質しちゃったんだろうね』

11  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2022/11/05(Sat) 23:41:11 ID:e50f8f27
おっと立て乙!

12  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2022/11/05(Sat) 23:43:01 ID:e50f8f27
>>10
自分にとってのスィリオスを魔王みたいな男に変えてしまったのかもしれないと考えると
水銀にとってとんでもない尊厳破壊なのでは……?前にこのスレでも言われてたけど明らかに全てを愛すると壊すの部分一周目と二周目が混ざってるし

13  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2022/11/05(Sat) 23:44:18 ID:0427c84a
実は神座宇宙でもっとも尊厳を破壊されていた男メルクリウスの可能性?

14  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2022/11/05(Sat) 23:46:19 ID:03049d68
>>12
『まあ、ワルフラーンもやってるけどねw』

『スィリオスの愛を奪って、昇華無神楽土を「無価値の炎」に貶めてるしw』

15  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2022/11/05(Sat) 23:52:47 ID:0427c84a
なんで第四神座だけ現実世界と似てるというかほぼ同じ世界なのかって
アムリタから第零神座の歴史情報が流れてきてたのかもって話なんでしたっけ

16  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2022/11/05(Sat) 23:53:21 ID:03049d68
>>13
『まあアムリタ汚染食らってる時点でそうなってもおかしくないねえ・・・』

17  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2022/11/05(Sat) 23:55:26 ID:03049d68
>>15
『どうだろうね?』

『第二天や第五天でも「なぜか聖書神話がある」し』

『第六天でも「黒船来航」が再現されてる』

『都市シリーズのようにね』

『第四天に限らないのかもしれない』

18  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2022/11/05(Sat) 23:57:18 ID:03049d68
安価↓1 見たい描写
・TS
・ヤンデレ
・色
・コミュ
・科学:新規安価:
・科学:
・諜報:新規安価:
・諜報:
・諜報:【インフィニット・デンドログラム技術】紹介
・諜報:【終末なにしてますか技術】紹介
・諜報:【神河で欲しい技術・人材・組織があれば(主にカードを想定)】紹介
・諜報:【異種族レビュアーズ世界】
・外交:新規安価:
・外交:
・外交:マフィア技術紹介
・外交:不条理技術
・外交:【転生して電子生命体になったのでヴァーチャル配信者になります】技術収集
・異世界転生物実験(多重転生式or分霊式)
・戦略調整センター(政治戦→射撃戦→機略戦、高低差制域権)
・仙人惑星ってどんなのがある?
・女神転生(カオス転生ごちゃまぜサマナー、地雷やる夫)
・異世界転生物理論:転生ビルド
・アーディティヤ
・歴史
・D&Dサブクラス
・色と軍制
・迷宮キングダム
・フルボーグの社会変化描写
・光の亡者周り
・川上稔作品(都市シリーズ)について
・引き続きDies考察
・色と進化心理学
・「表現の自由戦士」内乱
・ウクライナ

19  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2022/11/05(Sat) 23:59:48 ID:0427c84a
第零が今の現実世界と全く同じ流れで進んだ果ての未来世界だとするなら
第四が現実世界とほぼ全く同じ世界なのは納得行くんですよね
第四の一周目の神が渇望無し水銀だったなら無理矢理変える必要ないので
他の天は神の戒律が世界に影響を与えてるから微妙に違う歴史になるだろうし

20  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2022/11/06(Sun) 00:00:02 ID:9ece505b
Dies考察

21  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2022/11/06(Sun) 00:00:10 ID:9ece505b
ウクライナ

22  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2022/11/06(Sun) 00:01:41 ID:05b415af
>>19
他はなんだかんだ神が作ったルールが
現実世界と別の歴史に進ませる要因になってるもんね
水銀が渇望のない最初は全くルール定めてない神だとするなら
第四神座が全く同じ流れで進むのは当然っちゃ当然だよね

23  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2022/11/06(Sun) 00:02:51 ID:6a224100
>>19

              Ⅴ | //||/|| | | ||| .|| || ||  ',',',', ', Ⅴ           .|
              ⅤⅧ |||/| ||| |||||| || ハ || | ;;; ;;;; |Ⅴ           .|
               ||| |||||/ .| ||| ||||| || ||| || ||| ||| ||| ||            |
               ||||||||||  i ||||| ||| ||| ||||||| || |||| i|| |            .|
               |||||||| ヽ、Ⅷ|| ||| ||| ||||||| ||∧||i||i||            .|
               |Ⅷ|i||   Ⅷ州州州 Ⅷ州iii iii 州|            .|
               | Ⅵ丶  .Ⅶ州州||| .Ⅷ|| | 州|||            |
               | Ⅴ ヽ、 Ⅶ州| || Ⅷ| | |//ハ            |
               |ミミ===、、 Ⅶ|| |  Ⅴ  / /.ハ            .|
               |ヒ:::ソ_ ミミ   Ⅶ  -==≡≡≡=彡           |
              ,'          ´  弋:::ソ...彡//.人          |
             .∧          .|       /////./\,      ,,イ
            / `         .j      .///// |// ||i "フ/|
、         , 〈           /      / Ⅴ  /  ||    /
 》--__.、-ヘ"  ',::\   -_          .イ       /
ノ|||| :||||| .',   ヘ   .',::::::\    ̄==-´   イ|       /
||| |||: ||||||: .',   \ ',:::::::::\        ,,イ´ .|..|
|||| |||. ||||||| \   \',::::::::::::::ヽ、__ イ|||||  /.∧
||||| .Ⅶ_ ||||||i \    ヽ、:::::::::: / ||/||||ソ/ /|||\

『全く同じ、ではない』

『しかし、人類が生まれた惑星の一つに日本のような列島があり、長崎と広島に核兵器が叩きこまれているらしい』

『似たような歴史を辿っているのは間違いない>第零天』

24  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2022/11/06(Sun) 00:07:02 ID:729de150
考察すると永劫回帰の理って明らかにもうある世界をやり直したいって願いですもんね
アムリタ・リアリティ・ショックまではまず「こいつどうやって神になった?」って水銀に思われてた
永劫回帰の発動タイミングが明らかにおかしいから。
でもアムリタが明かされたことでこっちで無理矢理神になることが出来るからな

25  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2022/11/06(Sun) 00:07:47 ID:6a224100

                           ......‐……‐......
                             /::::/::::::::::\::::::\
                       /::::/::::::::::::|::::::: ヽ:::::::\
                         /::::: / :::::::::::::: |:::::::::::::',::::::::::ヽ
                       .:::::::/:::::|:::::::::::: |:::::|::::::: ',:::::::::::::.
                      .::: |::|:::::::|::::| ::::: |:::::|、::::::::::::::::::::: ',
                          .::::::|::|:::::∧::| ::::: |:::::| ヽ:::::〈:::::::::::::.
                     |::::::|::|:::/⌒,::::::::∧:ィf莎 ||\、::::::::::.
                     |::::::|::|::<f莎}:::::/ }/   ||:::::::::|:::::::::.
                     |::::::|::|: 乂 ノ} / |     リ|:::::: |::::::::::.
                         j|::::::|八{ ⌒   ヾ      .i:::::: |::::|::::::.
                      / |::::::|::::::|`、  _,,、 =ニ=''" /:::::: |::::|:::::::.
                        / i |::::::|::::::|::个c。      イ |::::: |::::|:::::::i
                    / {/::::: |::::::|::::|\ >''^\" /|::::: |::::|:::::::|
                      /  /:::::::::|::::::|''八  /  ̄ ヽ  .|::::: |::::|:::::: '/
                  | ./:::::::::: |::::::|  ./  ̄ ̄ ̄}  .|::::: |::::',::::::::::\
                  |../::::::::::/_|::::::|/)8}  >‐_\ /|::::: |::::::'/\:::::::\
              ___-=ニニ/_=|://" ソ  /./.(/:} .|::::: |::::::: '/ー―――ミ、__
             |ニ=-_ -=ニニ/|/{\-=イ_,,、.イ>'⌒'< .i|::::: |\:::::\:::::::::/二二ニ/
             /\=-_ -=ニ/ニ=\\ /  ./ ::::::::: , i|::::: |二二|` Y'/ニニニニ/ハ
               /二=ヽ=i_}./二二二ニ\ Y  :::::::::::::::  |:::::::|二二|_|_ '/二ニニ=/ニニ/,
.              /二ニ=ム/{二二二二ニニ\ .:|:::::::::::: | /|:::::::|――ミ -=_ '/ニニ=/二ニニ/,
             /二二ニニ/\\二二二二ニ=/-_|::::::::::::::/=|:::::::|二ニ\=\ |二=/二二ニニ/, 
.            /二ニニ=/二ニ\\二二ニニ/ニ=-_:::::::/二|:::::::|二ニニ=\ニヾニ/二二二>''´~"''<
           /ニニニ/二ニニニ\\二/ '/二二_/ニニ=|:::::::|二二ニニ\ニ/二ニ>''´.....γ⌒`''<`、
.          /ニニ/二二二二ニニ=\>":::| '/ニ/二二ニ=|:::::::|二二二二二\=/............... { ///\ヽ
         /ニ/二二二二二二二/ニ| :::: |  '/"二二二ニニ|:::::::|二二二ニ==- /...................../,//////| .'`、
.        /_/二二二二二二二ニ/ニ=| :::: |   '/二二二ニ=|:::::::|ニ=-  ̄二|ニニ'/ ...................... /,\///| }..`、
       }二二二二二二ニニニ/二ニ| :::: |   '/ニニ=-  ̄i|:::::::|二二二ニ|ニニ='/........................个c。//|ノ.......`、
       /二二二二二二二ニ=/二ニ=| :::: |    '/二二ニニ=|:::::::|\二二/ニ=√'/..............................._ ...-‐= .../
        |二二二二二二二ニニ/二二ニ| :::: |/,   '/二ニニ=|:::::::|二}二ニ{二二√ . '/......................./二二ニ=/,

『まだ見落としてる情報があるかもしれないし』

『もう一度、Diesについて整理しようか』

『まず、主役級の人物(覇道神)は四人』

『水銀、黄金、黄昏、刹那、だ』

26  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2022/11/06(Sun) 00:08:39 ID:6a224100
>>24
『「おかしいのが神なんだよ!」って勢いで誤魔化されてたね』

27  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2022/11/06(Sun) 00:11:43 ID:05b415af
司狼……は違うか
Diesよりもっと大枠の重要人物でDiesの中だけならそこまでだ

28  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2022/11/06(Sun) 00:15:03 ID:729de150
究極的にはこの四人から広がってるだけだもんね

29  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2022/11/06(Sun) 00:18:14 ID:05b415af
正確に言うなら水銀の軸が2つあって
マリィを神にしたい
獣殿に好きに暴れさせつつ相討ちになりたくない
この二つを叶える為に必要な主人公が蓮だな

30  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2022/11/06(Sun) 00:20:47 ID:729de150
>>27
>>29
Dies iraeという物語を(表向き)動かしてる水銀目線だとそうだね
Dies iraeという世界をきちんと見ると寧ろ司狼の方が重要だけどw

31  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2022/11/06(Sun) 00:21:26 ID:05b415af
>>30
ああ、物語としてみたらそうだけど世界としてみたらそうなるのかw

32  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2022/11/06(Sun) 00:26:31 ID:6a224100
                               /: : : : : : : :` ヽ、
                             ./: : : : : : : : : : : : : ::ヽ
                           /: : : / ',: : : : :l: : : : : : : : `、
                          //: : : l: :||: :|: : : : |: : : : : : : : : ::l
                          リl/:〃|: :|: :ノ::l: : :ノ: : : : : : : : : : l
                          /l::/|::/i: ヘノ.|人: |: : : : : : : : : : : l
                         /: :リ: :リl込リ/弋ツリ: : : :|: : : : : : : :乂
                         /: : : : : : : l  ´  ノノ: : : : ヘ: : : : : : : : :ヽ
ニ\    .                 /: : : : : : : :ヘ __ __ /: : : : |、ヽ: : : ::v--------、
ニニニ\ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ /:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_::ヘ ‐ l: : : : : | l: : ::/ / ̄     `ヽ
.ニニニニニヽ / ̄ ̄`ヽ、ニニニニニニニニニニニニニニニニニ /:ヽ_‐/: : : : ::| .>´  /    ___.    l‐l
ニニニニニニニ|、      .\>ニニニニニニニニニニニニニニ/ニニ /: : : : : : >/  / ______'//    .l|ニヽ
ニニニニニニニ| .\       `ヽ、ニニニニニニニニニニ/ニニ/: : : : : : // / /ニニニ /     / lニ.ヽ
ニニニニニニニ`‐‐‐\  ヽ、 ヽ、\~ヽニニニニ |二フ`ニ.// : : :__,: ノ´三ヽ‐‐´三三./  / ./´  .ヽ三\
ニニニニニ./ニニニニニ\ .i`\ `X\\ニニ /ニ/ニニニiニ/i: : : iニニニニニニニニニニニ/ __ /  /    /ニニニヽ
ニニニニノニニニニニニニニ.i .i三.|.ヘ:::ゝi ̄ニニ |/ニニニニii l´、: : ::\ニニニニニニニニニヽ__/_____.i/    /ニニニニニニ
ニニ./ニニニニニニニニニ..ゝiニニヽiニニニニ/´ニニニニニニ`ニニ\: : ::`ヽ‐-、_ニニニニニニニニニi  |     .ヽニニニニニ
ニ/´ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ./ニニニニニニニニニニニニ `ヽ: : : : : : :`ヽニニニニニニ /___ヘ     |ニニニニニ
ニ|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ/ニニニニニニニニニニニニニニニニ ̄´゙`ヽ: : :|ニニニニニニニニニニ`ヘ______/ニニニニニニ
ニ|ニニニニニニニニニニニニニニニニ /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ|: : :|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

『水銀自体は、どうやら元々は第三天の住民だったらしい』

『マグサリオンと無慙のように、微妙に変質している可能性は高いけどね』

『第三天 明星悲想天では、人類は「シャマシュ」という個性を持たない集合意識だったらしい』

『その中で、例外的に個性を持った「背教徒」がなぜか生まれてしまった』

『最初の背教徒がラメント・・・恐らく人間だったころの水銀で』

『異次元から飛来した何かに取り憑かれているらしい』

『多分、アムリタ汚染を受けてる』

33  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2022/11/06(Sun) 00:27:43 ID:05b415af
そして恐らくアムリタパワーで渇望抜きで占星術で神座に潜ったっぽいんだよなラメントは

34  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2022/11/06(Sun) 00:28:37 ID:6a224100
>>29
『そうだね。脚本家的に重要なのは黄昏と黄金で』

『刹那は主人公と言う名の舞台装置、神の分身に過ぎない』

『真我にとってのナダレや神剣のようなものだね』

35  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2022/11/06(Sun) 00:28:54 ID:729de150
で、その背教者が明星の前まで来て
明星は俺もゴミだったわって神座投げて
渇望の無い一周目水銀って神が産まれたっぽいのよね

36  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2022/11/06(Sun) 00:29:39 ID:6a224100
>>30
『観測者さんとしてもちゃんと動けてたのか微妙だけどねw』

『まあ第一天からおかしなことになってるけどw』

37  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2022/11/06(Sun) 00:30:47 ID:729de150
親が明星以外なら水銀は神になれなかっただろうが
異分子が居たらやーめたってなる明星だからこそ神になれたっぽいよね水銀
明星以外ならそもそも水銀が生まれることすら無いだろうが
アムリタ漏れてこないだろうから

38  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2022/11/06(Sun) 00:33:02 ID:05b415af
>>37
後から考察すると神座的神としては落第も良いところだったんだよな明星…w
実は理想的な神だった無慙の子がこうなるのも皮肉っちゃ皮肉w

39  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2022/11/06(Sun) 00:45:01 ID:6a224100
>>35
>>37
>>38
                  、_    ___ `ヽ、
                 ゞilァ',イ.,イi,il l il}l`ミX!、
               ,ィiリ',イ州il|!i{州!Ⅶl!}l Ⅶl≦ミ、
             //,イィ州州l州l州!Ⅶl.}li l Ⅶli、
               〃.i州州lト、l州!.Ⅶi!_Ⅶl|i.}i l州li
              / .l州州ハ! Ⅶi|!´Ⅵ!.Ⅶ州!.}.l州
             ′ ,iリl州iト、`_ Ⅵ _` |!Ⅷ州l州i、
              〃/.}lⅦ!`じ!  `ーr‐ァ,i州lハ'i{li、
                 .リ }ハ   /    `´イl'ノ リ
                 l、:ヽ 、__,   '.イ'ilil{_
                      \.__....イ:/  } ' ,}!
                   lf<ヘ,;;;;;:/< x≦ミ=z、
                   ,}ト、.Y .rz'///////////>, 、
                   , イ//ミl.| .,|////////////////i
              , イ'//////,'〉〈!////////////////,|
              .|li'/ハ'/////○'//////////〈///////ト、
               }ili'/ハ'///////////////,`ヽヽ、//////|
               |'/ハ'l}'////,○'///////////,ヽ'//////,{

『今出てる情報・・・まあ信頼性は微妙なんだが』

『少なくともコウハ視点では少し異なる』

40  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2022/11/06(Sun) 00:45:44 ID:729de150
お、マジで?

41  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2022/11/06(Sun) 00:45:54 ID:729de150
ほう

42  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2022/11/06(Sun) 00:46:58 ID:05b415af
あ、そうなの?

43  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2022/11/06(Sun) 00:51:23 ID:6a224100
      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _) 汚物は消毒だ~っ!!
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/

【翼種】

『まず、第三天には翼種と呼ばれる、汚物の消毒役がいたらしい』

『彼らは明星にしか従わないとされる』


『ミスリードかもしれないが』

『シャマシュしかいないはずの世界での汚物って』

『背教徒だよね?』

『つまり明星は「ゴミが湧いたから神辞めよう」と無責任に投げ出すのではなく』

『ゴミを排除して治世を続ける意思があったことになる』

44  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2022/11/06(Sun) 00:52:55 ID:05b415af
あー、成る程
人間をシャマシュに変えてったのでもなきゃそうなるか

45  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2022/11/06(Sun) 00:53:38 ID:729de150
シャマシュしか居ない世界ならそうなるのか
前に粛清に使ったのを再利用したのでもなきゃ

46  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2022/11/06(Sun) 00:59:06 ID:6a224100

      /  },ノヽヽ ,二、 二乙ヽヽ
    /     (___   __,ノ   (__
     {                 },ノヽヽ ,二、 二乙ヽヽ
     、                (___   __,ノ   (__
     \____  _____  ____  ____  __
             ∨     ∨     ∨     ヽ|
                                      -─
                            ____,≠´───
                    ___,≠´── /{ニニニニニ
                 __,≠´─‐‐{ニニニニ7:{三三三三三
              ,≠´─‐/ :{ニニニ圦三三三:{:i: l:-:/-:| /|/|/
          /{ニニニ7:{三三三{: :_j厶ki/从l: 笊::::::T′
            . {三三三{ i|: :」厶:}从: 八::丿   ∨{ `ー'′
            i: :i:N厶i从小爪:::ノ  i {        }人   ー:ァ
            |ハ|:兀::ノ  }:{    ノ个: ., __`_..ノヘ>i^ア丈ハiフ
             从   、ノ个ー;‐r`=ァ|/∨しヘ/ヽ.V. . . ∨. .
         ´八{ア丈iフフ;/i . Y/ Y }. / }   ;}. . . . . . .
          /∨. . ./}  |./ へL./ /ヘ._/|. . . . . . .
         /{  _} //L/ /.{ ̄´ / . . . . . 、|. . . . . . .
       _// ( ̄´/(__/i. . . .` ̄ .}. . . . . . . .八. . . . . .
     {_/    `¨} . . . . . . . |. . . . . . .〈. . . . . . . .{、.`. . . . .
              {. . . . . . . .{_, -──}ィ´厂i ̄i个ー;─;‐
             /^'T冖^T^7 ! i | |  i  l  ||  ! .!
            ヘ、 j_i__i_j{_l__,|__L..LLi_i_j_j^¬冖r‐
            `¨⌒| |  | | | | | ||||| |  |
                | |  | | | | | ||||| |  |

【シャマシュ】

『また、シャマシュも最初からいきなり無個性な群体だったわけではなく』

『急激な改革に対する反動を避けるために』

『アップデートを繰り返して段階を踏んで徐々に個性を排除していったらしい』

『明星は完璧主義者ではあったが、一足飛びに完璧を目指すのではなく』

『過ちがあればアップデートを繰り返して、一つ一つ改善していったらしい』



『そう、明星は過ちがあったら投げ出す神じゃない』

『過ちを一足飛びに消し去る神でもない』

『過ちがあれば、一歩ずつ地道に改善していく堅実な神だ』

47  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2022/11/06(Sun) 01:00:58 ID:05b415af
ああ、要するに水銀に道を譲ったのは
神座の存在理由とアムリタ漏れに気付いた可能性があるのか

48  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2022/11/06(Sun) 01:01:42 ID:6a224100

                         `ヽ、
               _,_,_,_zzzzzzzzzx,  アユ、
           _,ィ≦洲州州州州洲州州≧x洲i!
 ,__   _,,,,ィ≦´州i!洲i!洲i!洲ii!iヘヾii!`i マ洲ii!州州州≧、
  `ヽ≦洲iマi!i州州/州i!ii!州州i! |i!ヾ i|i!| ヽ|i!`|i!州ム`i!ヘ,``ヽ、
    ,xィi7州i!洲i!洲i!州i!ii i!ii i!iii!i{ }州i州i!iii!Ⅶi!;hi``hi!`州、
 ,/´ /洲リ洲iマi!i州州州ト洲 州iマi!i州州州ト洲i! i!  洲iマi!iヘ
   ,ムレ洲洲洲ii!i州ⅤⅦ州ト洲iマヽi!i州州州ト洲i! i! 洲iマi!i!ハ}
  ム/卅/i!ハi!州州i!ii キi!州∨从!. マ州i!マキ州州リリi!i|i!i|i{i|il!i|i}
  〃/リi!/リl洲i!洲洲〉|_Ⅶ.マリ从`f´^Xマ i!州/}/|州州i!lil州i|i
 〃.i洲洲i!州州i!洲i!キ  ヾ`从li! ` ./ ,xヽ i!レ ´ 州州州!!州i{
./  |洲州i!州州i!キキi! ` ー-∨`\  ´___ ==.州州州ハ州i{
   |!州洲州i!州从_xィ彡圭ミ>    ´ ̄ ̄ ̄´ 从州州トく从ム
   i洲州i!州州i!从《´`込シ   |         .从从V`ヽ )从`ヽ
   }i洲州i!从从从ム` ´¨`   {!         /从/ 〉| jノ/ヽ
   Vi!j Ⅶi| キ从从ヽ     `ヽ        //イ-イチ
    Ⅶ  Ⅶ! /´Vリ`ヽヽ  __ィ──→-´   /チ洲i!マi
    Ⅶ  マ  j ´ `ヽ     ̄ ̄´     //洲!ム
     Ⅶ  .マ     jヽ、         ./ / iハヘ|`r
     Ⅴ         V>x  ____∠===|=__
          / ̄ ̄ ̄ ̄\/             `> 、
         /         |     _____      \

『過ちて改めざる是を過ちという、って奴だ』

『明星は過ちがあること自体は受け入れていた』

『その上で、過ちを地道に改善する神だった』


『では、「改められない過ち」があったらどうする?』

49  名前:無茶王 ◆T8n83RxOuU[] 投稿日:2022/11/06(Sun) 01:02:24 ID:6a224100
>>47
『それも少し違うかな?』

『明星もそこまでは読めてない』

50  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2022/11/06(Sun) 01:03:17 ID:729de150
シャマシュを無個性な群体にする過程で使ったのを再利用した可能性はあるかな>翼種

>>47
ああ、自分が神に居る限りはどうしようもないことに気付いた可能性はあるか