亜人はBARに居る

479  名前:◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2017/03/31(Fri) 21:09:56 ID:2a2bcd22


言葉の端々から伝わる、銀二の想いと決意を、ハクは理解する

理解したうえで、ハクはきっぱりとこう告げた


           -― 、      r、
          /´ ̄ ヽ }      マ{
      /     _ }/ー'´ ̄ ` マ
     /    , ィ´ /         う 、
        イ              ヽ \
       イ/         ヽ\、     ヾ 、\
      / /           ', ハ ヽ }  ヽ. ハ ヾ 、
      i/   ! ,イ l     ー!┼-キ!‐ !  ',  リ
      l|   i  ! l |x     ハ jzュキ-ァ lヽ
      マ   l | メ{ ',    ! 仆!jリ 'リ jト. Y !
      V    ヾ!/ X!zテ   j `´~、`/l ', } |
     r-ュ、    ∧xチtjレ゚\ノ 、   ′! マ j、
     マニム  メ ゞ゚´、`      ,   イ  Y ヽ.            「気持ちは…嬉しいですけど…
      マニム   \、_,   -   .人 ム  ト、  :.
       ゝ ̄ ヽ  ヾ ̄.._    イ ト、 ム  マ \l
       _〉ニア⌒ト、 \{   ̄   ! j マム  ト ̄ :..          ……お断りします」
     ´アム /    ! ヽ. \、_   j /  マム !  `ぅ、
  ィ´ イニ Y    |   \ ヽ  `      lム|     。
    ムニニ ム   i  /ヽヽ ハ   _   /  i ハ!     Y
    〈ニニ ニム   l イl    Y\}   `ヾ{   !/      }
    `ヾj /⌒、  i/ V   L_リ >。_  ヽ j: !      ム
     /    / ハ    !      `≧ュ>、 V:,ィ      イニヽ
   /   /    :.  ハ        `ヾ>:/:l._ , ィニニニ\
      /    ィ7ヽ/人         )、_: ィ:{ 八ニニニニニ
   j    ′  ノ`! lマ ∨ニ>。      彡´| : : : 〈  マニニニニニ
   |!  ;'  , 〔ニレ!ム  ヾニニ≧=、 ´ /ヽl!: : : : l!  マニニニニニ
   li  {  ムニニ<`マヽ Yニニニニムー'  ィ| : : : : ト.  マニニニニニ
   l |! {ニニニニ 、ヾ≧!ニニニニニrニニヽ: : : :|_ム  マニニニニニ
     l  いニニニニ>ュ マニニニニニ、 ニニヽ: :jニム  マニニニ



                ∧
.            /!  /.!!!i,  ∧
           / | / !!! 'i / .i,
          /レ!!! |/!! !!! V!! !!i,.∧
           /  .!!!  .!!! .!!! .!!! .!!!   i,
       /レ ヽ  !!!  !!! .!!! !!! .!!!  //ヘ
.       |、 .ヾヽ .!!! .!!! .!!! .!!! .!!! /〃 .i,
       | ミヽ .ヾ,へ!! !!! .!!! .!!! !! ヘ〃 ノノ|
.      |  ゞミ /  \!!! .!!! .!!/  'i彡" |
.        |ヽ   /      \!!!/     !   ノ|
       | ゞミ/    ニ ‐-‐ ニ    'i彡'´|               「…………
       !r‐、〈 """''''‐-、`"´ ,、-''''""" 〉 r‐i
      | f"|ミ| ==o=-   -=o== |ヨニi.|             ……そうか……」
      |.に| .|.  ' ‐--‐' | | '‐--‐ '  .| |ノ !
      ,ゝ__|ミ|.  ‐--‐ .| |  ‐--‐  .|ヨ_ノ
      /   |V、   , -‐'´ | | `'‐- ,   リ.| ヽ,
.     /   .|ミ|ヽ. / _ . ヽ!_レ  _ ヽ ,イヨ   'i
--‐‐'''"|    ヽ|. ヽ    ̄ ̄ ̄ ̄  / .|/     |"'''‐‐--
-‐‐'''''"|.      |ヽ  ヽ.   ≡   / ./|      |"''''‐‐-
    |.     |;';';ヽ.  ヽ.    / ./;';';'|      |
     |.     |;';';';';'ヽ   \_/ ./;';';';';';'|      |


その返答は半ば予想していたものだった
だが改めて彼女の口から告げられた答えに、胸中を巡るのはやはり寂しさであった
.