亜人はBARに居る

477  名前:◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2017/03/31(Fri) 21:09:06 ID:2a2bcd22


                / ;         ―…` 、〉-
                    ′l     ´            \       、
                |  / ___          ヽ    \
                    乂レ′ ̄     ̄` ≪≧o。.   ‘,      ヽ
                  /⌒ ー          \ニニ≫。. ゚。
           /       :.                \三>…}ト、
.          ,    /     ヽ            ヾ'//ムV\
          /    ′         \            VY/ハV//ヽ    i
              :.       │\    --     V///U//iニ   |    「罪滅ぼし……ですか?」
          i   ;    ‘,   斗匕 ` __,   ≧=――一/,ノニi
          |   i       ‘,     汽泛厂 /′  ..,_   \Vニニニ
          |   |       ヽ     込ツ /    ‘,~¨   \//jニ/   ,
         !           汽刈、  し′       ‘,    ⌒j/ィ    /
.             :.      Y \\ ヽ          ‘,   V⌒    /
               ヽ      丿   `     \       ‘,   V、    '
.             ‘, \   \       ⌒         i   V\ ノ
              ヽ  \  ∧              j        ヽ
              \   ヽ ハ ー= ア        /:! 、   :.  ‘,
                       ∧゚´                | | ヽ   i    ‘,
                        /         ´      l l  \ト
                  ,    \___  ⌒ヽ     ′ ;   ! ‘,   \
                      /  /          ム  /i  i  |        \
                /  /\       /´ ノ , |   |   |   ‘,      \


ハクの顔は寂寥をたたえて、銀二を見る
彼女の中にも、負い目はあった

平井銀二から離れたことは、はたして正しかったのか
逃げたことが本当に最善の選択だったのか

彼が自分が去った後も、その場に居続けたことが
ハクの心に刺さっていた、小さな刺だったのだ


                    /{/{/{/{/{//i
                    / ////////i
                    / ////////i/!
                  //ll|i////-=ニニ三三三{
             //i川/´ ̄`㍉-=ニ三三三/
             i/ ニニ  __  ∨-=ニニ三/
               〈- 、  __ -。ァ {-=ニニ三/
                 ‘:::::〉 ニ二.´  iリ }`ヽ/
               ∨  )     ノヾニ/
                〈_/  __,ヽ  iニニ/              「それが無いと言えば…嘘になる…
               ',-‐     /{ニ/
                     /} ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}.            だが…言ったろ……?
                    _\/i /ニ二二二二ニト、
              /ニニニニ}/ニ二二二二二二>-、
                   \二ニニ/二二二二二二二二二}       人間とか…亜人とかじゃねぇ…
                ヽニ/二二二二二二二二二ニi_
                 ∨二二二二二二二二二二ニi_      お前は…本物なんだ……!」
                  /二二二二二二二二二二二ニi
                /二二二二二二二二二二二ニニ‘.
                 /二二二二二二二二二二二二ニニ‘.
              /二二二二二二二二二二二二二ニニ!
               /二二二二二二二二二二二二二二ニi
             i二二二二二二二二二二二二二二ニニ!
             i二二二二二二二二二二二二二二ニニ!
             〈二二二二二二二二二二二二二二ニニ|