正義屋さん 4

レス数:1000 / サイズ:3088.27 KB / 最終更新日:2020-12-29 05:44:56

301  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/09/20(Sun) 19:49:52 ID:19b83716
こうやって超対は無駄に敵を増やしていくんだなって

302  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/09/20(Sun) 20:08:44 ID:8e9bc145
金髪の30過ぎのお姉さん・・・大好物やん

303  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/09/20(Sun) 22:40:09 ID:737bd706
やらない夫が超対を嫌ってるのも超対側の問題な気がしてきたな…
超能力者を取り締まったり保護するのが目的の組織が
ヤバめの能力者候補に対してこんな扱いしちゃうのはいかんでしょ
幹部揃って頭銀ちゃんかよ

304  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/09/20(Sun) 22:47:19 ID:04730fd0
超対がマークした時にはもう一般にその名前で固定されてたっぽいんで、さすがにそこから認識を変えるのは難しいでしょ

305  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/09/20(Sun) 22:50:58 ID:91ea5189
飛竜が入るぐらいだからダメなところばかりではないだろうけどw

306  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/09/20(Sun) 22:54:45 ID:02dab67b
今回のこれは、ギャグ程度で捉えてるけどなあ
自分たちの中で部外者をどう呼んだかなんて、そんな組織の体制を疑うレベルで重要か?

307  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/09/20(Sun) 23:11:30 ID:d439b798
なんか徹底的に超対を悪者にしようとしている人がいますね

308  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/09/20(Sun) 23:54:09 ID:737bd706
超対が公的に近い国際組織と説明されて禁忌の乙女の一件とかシリアスやってた以上は
メンバー個人のコミュならともかくトップの見解についてはギャグでは見れんよ
正義屋の事務所でやらない夫と咲夜がネタにして笑うのとはワケが違う

309  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/09/20(Sun) 23:54:54 ID:f062aabd
あの名前はおふざけに過ぎない
なお本人

310  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/09/21(Mon) 00:23:59 ID:8894e04e
超対嫌いはええんやが(敵か味方か分からん相手の固定化されたインターネットミームを変質させろとかいう)無茶ぶりはいかんでしょ
あれか?作中にもいるらしい野獣先輩に絡めてスキマおばさんを野獣先輩に同化させたらええんか?

311  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/09/21(Mon) 00:25:03 ID:03134821
野獣おばさんか・・・おやスキマが消えてしまったな

312  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/09/21(Mon) 00:28:50 ID:ffdf776a
現時点だとスキマおばさんが正直何をしたいのかがよく分からんのよなぁ
超対をどうにかしたいってのはともかく、超能力者の
存在の周知なんて迫害のネタにしかならんのは明白だろうに

313  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/09/21(Mon) 00:36:53 ID:8b5e217c
嫌いというより重要案件なんだからもっと真面目にやれって言いたくなる気持ちだな
インターポールがネットスラングをそのまま使って公式発表や対策会議してるような違和感

314  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/09/21(Mon) 00:46:29 ID:8894e04e
真面目にって具体的にどうすればいいん?相手は名乗りもしてない謎のおば…女でしょ
確認できた事象なんてミームの通りの容姿をしたヤツがワープを自演に使ってたことだけだし
野獣先輩を「男性が男性を好きになるビデオに出ていた目立つヤツ」って言えば満足するん?

315  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/09/21(Mon) 00:58:23 ID:8b5e217c
そんなもん安直に「最上位転移能力者」でもいいじゃん
単なる都市伝説だと思ってる、超能力の存在を知らない一般人ならそのまま「スキマおばさん」呼びでいいけど
超能力者の存在と脅威を誰よりも知ってる集団が当人が嫌がってる呼称を正式に使うのは明らかに愚行
明確に敵意を示して排除する意図があるなら別だけどそうでないなら危険人物を刺激するような真似してどうすんだ

316  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/09/21(Mon) 01:19:52 ID:aef7677c
まぁ確かに紫は可哀そうではある

317  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/09/21(Mon) 01:27:32 ID:e0a49054
こんなしょうもない小ネタでマジになるやつがいるのに笑うわw

318  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/09/21(Mon) 01:32:04 ID:8b5e217c
例の最上位転移能力者(仮)が危険思想を抱いて反社会的行為をしているのを確認、
今後は敵意と侮蔑、挑発の意を以て対象の正式コードを「スキマおばさん」に決定する!…みたいな流れなら
相手が先に悪さしてるから超対も相応の態度を取りましたって話になるからわかるんだけどね
小ネタでも本編の核心部に絡む話題だから気にはなるよ

319  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/09/21(Mon) 01:32:28 ID:8894e04e
個人的にはこの世界にも野獣先輩がいることが今回一番の収穫だったわ
そしておそらく例のアレも存在するし、監督がたまげたことで特異なやきう人生を歩んだ選手もいるんだろう
…夢が広がってないか?

320  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/09/21(Mon) 01:39:28 ID:aadbb306
紫がある子供に目撃される
→そのお母さんが「スキマおばさん」という小説を書きあげる
→それに関して目撃証言が増え始める
→「スキマおばさん」都市伝説化
→テレビで都市伝説「スキマおばさん」放映
→ここで紫が気づいて怒ってネット工作
→IP確認と図書館で紫(身元不明の転移能力者)が確認される
→既にミーム化してるコードネーム「スキマおばさん」として超対が認定

って流れなのに超対が敵視してるとか的外れすぎて草

321  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/09/21(Mon) 01:41:33 ID:39a40f45
もし話題になっていたのがスキマお姉さんとかスキマ美人さんとかだったら超対側についていた可能性が?

322  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/09/21(Mon) 05:00:03 ID:611477c8
スキマおばさん必死だな

323  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/09/21(Mon) 09:44:10 ID:d6b7b39e
>>312 超能力者を周知させたってどうするのって話だし
だったら超対、もっと言うなら政府を革命でぶっ壊す方がマシでは?

324  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/09/21(Mon) 09:53:50 ID:039c2b05
>>323
革命やるのは勝手だが、仮にそれが成功したとしてその後どうすんの?って話ですわ
一般社会に溶けこみたいなら、きらきーみたいな特殊事例を除けばそれこそ超対頼った方がマシじゃね?

325  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/09/21(Mon) 09:53:55 ID:fb0583d5
ただ単に周知させたら絶対可憐チルドレンみたいな超能力者管理世界になりそう
政治家を排出させて周知と権利を同時にって言うのも、権利はともかく迫害はあるだろうしなぁ

326  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/09/21(Mon) 10:35:19 ID:ac782037
ネギま世界における魔法みたいな存在、にはならんよなあ

327  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/09/21(Mon) 23:36:07 ID:ba32e528
現実社会ではウイルスのせいだと分かっている感染性ですら魔女狩りや吊し上げが起きるからねぇ。
魔法の存在がファンタジーなら、それが受入れられる社会はもう一歩先のファンタジーやな。

328  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/09/22(Tue) 12:02:36 ID:100a614c
其処らへんは原因の問題じゃなくて防ぎ方の問題でしょ。未知のウィルスの防ぎ方が分からないなら魔法やファンタジーと同じだよ
結局原始的な防ぎ方を試みようとしてしまうんでしょ
要は何もわかっていないのと同じだ

329  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/09/22(Tue) 23:33:36 ID:1df5ca6e
ゆかりんの真の目的はコードネームの変更説

330  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/09/22(Tue) 23:45:17 ID:ee113562
コードネームをスキマ美少女にしてたらエージェントになってた可能性?

331  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/09/22(Tue) 23:49:17 ID:b289ce2a
>>330
でもそうなったら多分毎週超対でライブ開いてたと思うよ・・・

332  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/09/23(Wed) 00:12:40 ID:80108b27
>>331
飛竜辺りが、機嫌取るために盛り上げ役とか押し付けられそうだな
モズグスの存在は本当に貴重だった

333  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/09/23(Wed) 06:29:37 ID:63e3d534
そんなモズグスさんを捨て石にしたやる夫は断罪すべき

334  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/09/23(Wed) 06:41:55 ID:d7997133
飛竜は素でエネルギッシュでいいんじゃないのか?とか平然と言ってガチ惚れ要因増やしそうなんだよなあ

335  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/09/23(Wed) 10:18:43 ID:2e71594a
隙おば、絶対に自分の歌で「心の隙間に~」とかドヤ顔で歌ってそう歌ってる(確信)

336  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/10/10(Sat) 22:34:32 ID:ec4bc7cf
>>334
飛竜はそういう事する

337  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/10/11(Sun) 08:34:00 ID:108dc7bd
今回の件が片付いたら新城さんに彼女が出来そうだし、飛竜さんはモテモテだし後はやらない夫だけだが咲夜さんがなあ
手っ取り早く押し倒そうにも能力的に逃げられるし、咲夜さんが思うウルトラロマンティックをやらない限り無理だろうって難易度高いなw

338  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/10/11(Sun) 10:02:58 ID:103a81c4
ある意味めぞん一刻の管理人さんムーブではある
手も握らせないのに彼女面で騒ぎ相手の交際を邪魔する
好きな人は好きなんだろうけど吐き気を催す位嫌いな人もいるヒロイン
何も知らない(彼女が自分を好きだと言う気持ち)主人公を自分の欲望(主人公を誰にも渡したくない)の為に利用する吐き気の催す邪悪

339  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/10/11(Sun) 13:22:43 ID:4c149617
でも普通に口説いても失敗してるっぽいのがやらない夫だからなぁw  下心露骨すぎて

340  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/10/11(Sun) 13:33:06 ID:108dc7bd
押し倒せばいける程度の好感度は稼いでそうなんだけど咲夜さん強いからなあw

341  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/10/11(Sun) 13:44:45 ID:69123c4a
とっさの「キャア(襲われて満更でもない)!」が咲夜さんスケールでは時間停止からのナイフ投げと化すのだ
DIOかな?…(元ネタが)DIOだったわ

342  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/10/12(Mon) 19:03:22 ID:9f085073
>>338
パヤオ「押し倒せばすぐ終わるじゃん。何やってんの」

343  名前:◆4DcjBzfbZ6[sage] 投稿日:2020/10/17(Sat) 23:45:59 ID:fc8a8ad1

         _|_三三ニニ杉     /   / ̄¨≦i彡三ミミ
        r'´,-vヾ三ニ≧''´    /__ _,/     `┴川ミト
        i  イ ). `ー''´      ̄    ̄`ヽ、     从ミハ
        |  {((         ィ====-,,,   `ー-  /厂リ
        ヽ ゝ         ´ ,,____`┴’  ,,,,_  ,'″.         こんばんは。
          \_         ´ 、_7::ソ} i  ,ィ__`ミノ
           ,' i            ̄` " くフt:> /             次のエピソードは
       r=イ  |                |  ̄. /
      / VV . |            ,,,,__  |  /              10/18(日) 21:00~
   ィ´    VV∧          (     . |  ,'                  投下開始です。
/¨ { i     VV∧      `' 、   ヽ __ ノ .,
..../{ i      V\ヽ        _ー ,,_,,  ./                  宜しくお願いいたします。
::  | |.        V \        ""   ./
::  | |        V  :\         ∧\
::  | |        V   :\      ,.イ .∧ \

344  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/10/17(Sat) 23:55:51 ID:3b8da3a1
やったぜ!

345  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/10/18(Sun) 03:32:56 ID:573c3377
わぁい!

346  名前:普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2020/10/18(Sun) 07:58:07 ID:f58b26b7
キター!

昨日投下された合作の方も乙です

347  名前:◆4DcjBzfbZ6[] 投稿日:2020/10/18(Sun) 21:00:02 ID:93113175


                                                                 z‐====‐-
                                                               彡=-‐ミミヽ:::::::::::::
                                                                / /⌒ヽ::::::::::::::
                                                                , ミ:.、`ヽ   ヽ::::::::::
                                                               ノ 、\   /.::::::::::::
                                                        _   ´ く::ハ ヽ  ヽ:::::::::::::::
                              それでは投下を始めます。               (  、    `       }::::::::::::::
                                                        _ヽ ソ        〈::::::::::::::::
                              宜しくお願いいたします。          ::ニニ7' }L             ゙゙二ヽ::::
                                                      / x仁..`           )  }:::
                                                     _≠-‐┴‐っ             、_  イ::::
                                                     / -‐‐、て¨´       _ノ    _」:::::
                                                   /  -‐ヘ. \≧=-、:::::     -‐ . :'^ヽ
                                                l   ノ  `T   _」ニ=‐   . . : ´: /: : :
                                                |    }  / /;:|    /: : : :/: : : /
                                              _  /      /´/:;:;:;:;|   /: : : :/: : : /: : :
                                             /V/`〈   _ ,ノ/>ゝ;:;:;:;l /: : : : :/ : : : :/: : : : :

348  名前:◆4DcjBzfbZ6[] 投稿日:2020/10/18(Sun) 21:00:33 ID:93113175

┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;:;:;;:;:;:;;:;:;;:;::;::::;:;::;::;::;:;:;::::::::::::::::::::::::::::::::::.::.:.::......:..  .....:.:.                  : ,,.::..,.,,::,;;::,::,,;;,::;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;:;:;;:;;:;:;:;:;;:;::;:::;::;:;:;::;:;::;:::::::::::::::::::.::.::.:.:.::.:.:.:.....  .. ...:.:......::.:.:.:.:.:   , ..  . ┏━━━━━━━━━━━━┓;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::.:::.:.:.::.:.::.::.:.::.:.:.:.::.:::.:.:.::.::.::.:.:.::.:.::.:.:.:.::.::.::.::.::.::.:.::.::.::.:.::.::.::.:.::.:.::.:.:.::.:.::.:.:           ┃                  ┃;;;;;;;;,;,;;;;;;;;
..:..:.:..:...:.:.:..:..:.:.:..:.:..:.:.:.:..:..:.::..:.:..:.:.:.:.:..:.:..:..:.:.:..:..:..:.:.:..:.:.:..:.:.:.:..:.:.:..:.:.:.:.:.:.:..:           ┃ 数年前―――        ┃ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ..:.:.. .. . ...:.:.:..:... ..:.:.:... . .  ..  .:.:.:.:....   ....:.:.:.. ..:.::..:...  ....:..              ┃ 東都超越者の会発足以前 ┃ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
...  ...     ...:.:.             .    ...   ....:.:.:.:.::..              ┃                  ┃ ::;;:;;;;;;;;;;;;;
                                                  ┗━━━━━━━━━━━━┛;,;;:;;;;;;;;;;;;;;
                     :    ̄ ̄  <,                                     ,,..  .,...,,,..,,::.:;:.:,
                /            `ヽ,                                           ,,.. ..;:..
               /  ./  /          ヽ          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ  :;
                 /   /  /        ヽ   、         |  さて、今更言うまでもないだろうけど―――   |   :
             /   /   |      l    ',  `        |  超対の戦力を低く見積もっちゃいけないわ。 |
                   j{   ./|    | .|    |   _       乂___________________ノ
               ,′  .j{  /-ヽ,   | j{ l  ,.|  //+/ニ=‐ェ__r‐--- 、
            :    |_.,ィ=云ぇ∨  j{ / ̄|ヽ ∨ ヽ,三二ニ=-三/7 ヽ二二_ ヽ,
              ,  .l  ', ヽ VYソ V从 ィf云ぇ \乂   |  ̄ ゙"‐-=ニ二ニニニ >  \
           ′ ヽ, \  ̄   ,   VYソ ゝ.:  ̄  、         ̄l二二    ヽ,
          /    >。 ヽ,         ̄ /     `,         ヽ_r-、     \
          / l  ∨  八 ̄         _厶イ     ∧           八,    |
            /  .|  ∨ |込、   ‐‐     /::::j{   / l ∧            { =ニ .j
        /   |   |\ ∨ >。     。イ:::::::::/  イ  j{  .∧          /   /
        /    l  |`\ `\:::::| `¨´  |:l::::/ ,イ  ./   .∧           /    ′
       /    .∧ l:::::::::::::::::::::」       .|/イ:::::::j{  ./. ',   l         ./    ,'
      / |   /:::::Vム::::_> <       i!:::::∧:/ /`` 、l   |、       /    .,′
     / |   /:::::::_ヽム:::∧::::::::::≧=‐=≦::i!:::/ //     `` <|ヽ      ./      ′
     /  |  /::::::/   /ヽ, V∧‐------‐i!:/ イ |::|        ` <,   /     j{
    /  |  ′::,′ |:/  \\   /i!'   、 .|::| /           {\    j{
   /    |  i:::::,′ ./     \\/ i!    \∨-- 、         ヽ `ー‐'7
   /    ',  |::::,  /        \/ .i!  __  ヽ::::::::::::::::|≧s。      \  /
  /     .', |:::, /             i!  | <>|    ヤ::::::::::::| /    `≧=-  __/
 /      Ⅵ::| .′           i!    ̄     }:::::::::::/      ∧
 /        ヽl l ...:::::::::::::::::.....     i! ...::::::::::::::::::::::::. l::::::::ノ        ∧
        |  l.八:::::::::::::::::::::::::::::::::._  i!:::::::::::::::::::::::::::::::::八::::::::l     |、   ∧
        | .l  ヽ;::::::::::::::::::::。<   i!>。::::::::::::::::::::;イ |:::::::::: |     |∨   |
   |    | | .l     |   ̄      .i!   ー- ̄   ノ ハ   .|     | ∨  |
   |    | .',l    /|/^ヽ      .i!         | / l   |     | V  |
   ハ    | .l    ' || |:::::}     i!          |/  |  ハ      |  l  .|
  { V   |./   l .|' .|:::::}    /          |   | ./ }      |  .l  |
  {  V  /    l  | |:::::}   /            .|   .| /  .}    j{  l  |
  {  V ,′   .lヽ | .|:::::} ./               |   /    |    .j{   l |

┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━

349  名前:◆4DcjBzfbZ6[] 投稿日:2020/10/18(Sun) 21:01:03 ID:93113175

┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;:;:;;:;:;:;;:;:;;:;::;::::;:;::;::;::;:;:;::::::::::::::::::::::::::::::::::.::.:.::......:..  .....:.:.                  : ,,.::..,.,,::,;;::,::,,;;,::;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;:;:;;:;;:;:;:;:;;:;::;:::;::;:;:;::;:;::;:::::::::::::::::::.::.::.:.:.::.:.:.:.....  .. ...:.:......::.:.:.:.:.:   , ..  ..:.  ... ,.. .. . ..,...::,,::.:;:;;:..:;:.;:;;:,.,,,:;;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::.:::.:.:.::.:.::.::.:.::.:.:.:.::.:::.:.:.::.::.::.:.:.::.:.::.:.:.:.::.::.::.::.::.::.:.::.::.::.:.::.::.::.:.::.:.::.:.:.::.:.::.:.:                  :..::..,....::.,.;:;..,:.:;;:,,.;.;::;:;;:;;:,;,,;:;:;;;;;;;;;;;;;;,;,;;;;;;;;
..:..:.:..:...:.:.:..:..:.:.:..:.:..:.:.:.:..:..:.::..:.:..:.:.:.:.:..:.:..:..:.:.:..:..:..:.:.:..:.:.:..:.:.:.:..:.:.:..:.:.:.:.:.:.:..:                  ;.: ..,,:;:.,,;:;.:;.;.:;::,.:;:;.:;:;:;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ..:.: f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ ...:.:.:.. ..:.::..:...  ....:..                         ,..::,:,:,,;:;::,,:;.:,,;:;:.:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
...  .. |  少なくとも、あなたを倒しうる  |    ...   ....:.:.:.:.::..                               ,.,,....::;:;;.,:;:;;.,::;;:;;;;;;;;;;;;;
     |  実力者が3人存在する。     |                  //~ヽヽ  _,.。*'≠ニニニヽ__              ,,.::.:;:;;:.:;,;;:;;;;;;;;;;;;;;
     乂_____________ノ                  { |  ム Y´  //   } | ヽ            ,,..  .,...,,,..,,::.:;:.:,
                                      { i / ム i//    //   \                ,,.. ..;:..
                               X /    ヘ V   〉K'´‐=__  ア/     ヽ                :;;  :;
                                 / /丶     ゝ_-彡<三>==彡'、_     `、                    :
                                   十+        _√Ⅵ   `=<=X-<、ヽ、_    \
                              |        // /ソヘ \\ヽY二ヽ_ l弋_)>__     )
           あらあら…                       ,>厂〉i  l`ーーー''"芸アj. l 「 /\ <_
                                          ( .{ ヽiィ7炒j    ∠ィ i レ'へ-ヽ____>
           物騒な話題ね。                   〉人.从¨´〈     {ィ ./ i /、 \
                                           /'  __h、 ー‐ ´  Vi  lト、 \ \
           直接対決は避ける                 彡⌒  /ニ≠,〉|\    / ゙|  .ト、ヽ、__  `<
           方針じゃなかったの?         ,√>‐‐'つ'≠'彳´ .,'  ≧手====,'  lk. \ ー 、_ `< __
                                 / '´_r<'´=/__/  /_,√7√:::::/,  「\   ー、_`ニ=―-ミxュ、
                                  /  ´―ャ 〉"/´ /  ,::::::::iヘ,}:{::::::::j{   ト、__ヽ _    二ニ=- 、___〉 ニ=_
                                /    .,イエ_//_.,/   ,'ニ=≠'':::::/   i}%'" ̄ヽ二ニ=-ュ___./ 彡 >
                              |   __ / ァ=<,イ   /:::::::::::::::::::メ  / メ'´    ド、      ./  , <´
                             ,>'!  f'´   l':::::::::/  ...,イ:::r==>'´   /.,。イ        | ヽ   ,>~´,ィ<´
                            〉イ|  l}   /::::::ノ  //::::γ´,ィ   ,彡イ/        {  ヽ7'   ,ィケ
                         / ̄ { | /.|  /|:レ'´  ,ィ'::::/ヽ_l /_ッ≠´  /         〈    / /
                            ゝv-≠" 〈  / /  r<:::::::r'≫k<ア/    人         |   .7 |〈
                          __// .| l  ∧イ l' , 〈::::ソ:l:::/   |`‐/       ,ゝ-=ニニニ≠'ミ , ヘ '∧\
                       /  <,ィぅ、   / | j  /::::::::::::\_(//        /|   ~` ∧  \ `' ∧ \
                     <xへ,_/ ∧  i  l .| 八::::::::::::::::::::::::://    >~/ . |     |{ ∧   ヽ`< マ  \
                  / /  .\ ∨ !  j }'::::::::::::::::::::::::::::://___>´  /   {/    .|./ ∧   \ ~ Y   ヽ
                 /  /         ∨   ./|::::::::::::::::::::::::::://≡〒'   /   j , <.   |l . ∧ ./  ヽ ∧   Y
                   /   j ̄\_    ` /,r|::::::::::::::::::::::::∥:::::::/   /  ,r〈 /    .リ    | ,'.     ヘ ∨   !
                   フヽ/ >―7―‐―‐'^//ヽ、::::::::::::::::::||ニ≡|  / _ィ/     l  |   .」/  彡   ) .マ.  |
                 /<´  /.f ,>'"/:<´_,仝、_,`<:::::r'/ ̄ ̄マ/> ´ /      l .ソ  //    /   !V  |
                <´    」,/´ /::::/_,ャ-、,`   ~ヽ、__r<´\  /   |    Y    / /  /    | |  .|

┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━

350  名前:◆4DcjBzfbZ6[] 投稿日:2020/10/18(Sun) 21:01:33 ID:93113175

┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━

                                             / /     /     l                   {l |
                                          /     / ,      .| |        |      ll |
                                            /  .,   /  {       | |        |      ll |
                                        /'/  { ―斥ミ       |_         |      ll |
                                          /'/   .|  / { /{ヽ      .| V≧x    八     ll |
                                      /'/     笊斥‘ //     ,   V/、 \.   ヽ\   ll |
                                         , ,  / ∧ {杙:心V /   / _ V、 \ Vハ //\、 .   |
                                           { { ./ ,  从 夂ソV  //' .≧示≧斥、 、. V   ヾ |l |
           その方針は勿論変わらないわ。         / ./  {  爪:.     ヽ从'      匁:ソ 〃 }\、.   .|l |
                                         / イ   |  } ヽ.   ノ                |l  \   |l |
           でも、私たちがやろうとしていることは         | l  l         }             八       |l |
           超対に直接ケンカを売る行為よ。          | l .从 .从    _              /   /|   .|l |
                                        | |   ヾ  \   ヽ::::::... 、        /'   イ |   八
           いつか、必ずぶつかるときが来る。         | |.  \    \.  ー‐ '     イ //    /l. \
                                          八     \.   V/\  `   _ < /'   /    /从7<
                                          /.从 | | V/ }//// r≦ニ{       /    ///// '//
                                          /  .∧ . | |  l   |/// |ニニ|\      /    ///// '///
                                    /  ./  ヾ.}.从 |   |Ⅳ  .|ニニl.  l    ./    ///// '////
                                     __彡  /   / .ノ'  )ハ .|/l   .|vニ八     /    ///// {/////








             r──‐:.、
             |:`ヽ:::::::::::::::ー...、
             |:::::::| `>-、:::::::::...、        _...-‐::ニ==、
             |:::::::|/:::.....  \:::::::ヾー-..._   /::::::/  !:::::!
             |:::::::}    ::::::::...ヽ:::::ヽ    >':::::::/    |:::::|
          _,r::'::!:::::/       ::::.\::::.、 /:::::/、     |:::::|
            /  ::::::ヽ::ヽ__,...-z=====zヽ:ト、/::/  ヽー─‐|::::fア≧=-、
        /   ::::..`ー≧≦彡'チ< ̄ ! ̄ヽ:::У、     ヽ:::::::/:://::::::::::::::::::}
        人    :::::...:::::/::,'/!' ! \_|   |`ヽ:ヽ:>、_У-':ノ:'::::::::::::::::::::::!
       f  l   ,  ,イ::/'  |  |   | /、\,'⌒>=、rァ'/::::::::::::::::::::::::::!
       {  ヽ/ ,ィ⌒!:::Tフ|─A、l  ヾ_  },_,イ    |::i!:/:::::::::::::::,:'::::::::,'
       ヽ_,.イ ̄ノ ノ  |:::::|゙/ /__| l`    ̄ / !     !:::|\:::::::::,:::::::::::::;
       r'──ァ'T´ ,イ|//l_krzxヽ| ノ   /! | ̄`lヽ   | ::!ヽ ヽ:::::::::::::::::′
       |  Y::λ! ∧ー<仟;;;;;うヾ}'  /ノィテzx_l   ヽ:l |::ヽ|::::::::::::::,'         ま、連中もバカじゃないしいつかは
      /|   |/: |l { |:l  | ヾニツ / /  代;;;う ヌト-  | `!:/::::::::::::/          嗅ぎつけてくるでしょうね…
     |  >─ァ ハ ハ |:、 ヽ ´ ̄` |/    ゞ=" ハ.  ,'  /!'⌒ヽ:::::,'
     \f⌒'"|\|: \!ヽ\ミ ヽ    {     ′ ー彡' ノ / ,イヘ:::::::::::ヽ{          ―――で?
     /`Y  !  ! ヽ. ` \ト、{     r─ 、   ///,ィ'/|/ー:':::::::::::|::ヽ
    / , '   ハ |.  \   i! \   ` ´  ..ィチ//,' ハ::::::::::::::::::::::::ヽ
  , '  // .  ! ! ハ   \ ヽ }:> ..._....:≦/|'´, ィ ,イ.イ:::ヘ:::::::::::::::::::::::ノ
  '_,ィ'/      |_|__/_|_>、   \ }ノ l   {、_,'_{ | ! / !/ ,.イ:::::::::::::::::::::::::/
/  // '  ,' ,kグ:::::`Y:::ヽト、 _彡イ    ヽ \| |  |K,イ‐、::::/:::::::::/
  //: /  ,' /:::::::::::::::::l!:::::::>、\. ,'、_      /! !  ヽ ヽ:::::Y::://
  |' , ′ /.,':::::::::::::::::ヽi!/ |  } /  `ー ‐'  ヽ.\  \\|::/'
  |/   / ,{:::::::::::::::::::/  ' / /,' ̄|_r、r──z_r≦ヾ.ヽ、 \ヽ. ,r、
 .'   ,イ/|:::::::::::::::::{l   |/ /{'⌒TTX>===K=!ー‐'⌒ヽ:>-;、У:::}
//  //:::::ハ:::::::、:::::::ヽ  !/{/;ヽーKVr''⌒ヽ、|z'´ ̄ ̄´ヽ;;;;;;;У、:}
/  //:::::::|::::::::::::\::r:≧-f^ヽ;;;;;;|::::::::>、    ヽ    /::ヽ;;;;|ヽ ヽ
  / lヽ::::::ヽ::::::::::::::ヽヽ;;;;/Y´ヽ、;}:::::::::::::::::>、  .   ,.イ:::::::::`´i \ ヽ
_,イ. |  \:::`:ー::::::∧:ヘ_;イ、  l}:::::::::::::::::::::::::::ヽ___f´:::::::::::::::::ヽ  \、
 ,ハ |  />‐≦´:::::}:{:::::| |  l!::::::::::::::::::::::::::`}><!::::::::::::::::::::::}、.  \
 { ! |   /ハ::::::/::::::/::|、:::|ノ ノ/ :::::::::::::::::::::::::::、|><!:::::::::::::::::::λ ヽ   丶
 ヽ.| | // }::::::::::::::/::::j V´ ,イ、:::::::::::::::::::::::::::::::|><!:::::::::::::::::∧{   \  l
  У // ,ノ::::::::/:::::,'/ ,イ::ヽ:\::::::::::::::::::::::/:|><!::::::::::::::::ハ \ ノヽ j
、/ / ' /::::::/:::::::::/{ / }:::::::ヽ::::::::::::::::::::::/:‐!‐ァr‐|‐::::::::::/:::ハ ト \ ノY
'.ヽ∠'_/:::::::::::::::::::::,'.人.{、_∧::::::::::::::::::::::::::::,' :::,:|´人`Y::::::::::::::∧ l |丶ミ=‐’

┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━